海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech XGIMIのホームプロジェクター、最新2モデルが登場!

Tech

XGIMIのホームプロジェクター、最新2モデルが登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社ビーラボは、主に家庭用高性能プロジェクターの企画・製造を行うXGIMI社の最新ホームプロジェクター2モデルの先行予約販売を2021年5月17日より開始しました。

今回登場したのは4K対応の「XGIMI HORIZON Pro」とフルHDの「XGIMI HORIZON」。「HORIZON Pro」は4K専用の高解析レンズを搭載し、HDR10に対応しています。

解像度以外の機能・性能を紹介していきましょう。

こだわりの映像とサウンド

推奨投影サイズは40~300インチと幅広く、空間に合わせたサイズで映像を楽しむことが可能です。2200ANSIルーメンの明るさと、AIによる色彩処理で鑑賞する映像に最適な色彩表現、光センサーによる自動明るさ調整機能ではっきりとした映像をより鮮やかに映し出すことができるといいます。

また、垂直水平方向の40°自動台形補正や高速オートフォーカス、自動スクリーン補正や障害物回避など進化した自動補正機能も魅力。さらに、MEMC(モーション補正技術)で残像感のない映像を見られたり、低遅延入力ができるゲームモードで最小限のタイムラグでゲームを楽しめたりと、スピーディーな動きのある映像にも対応するなど、さまざまな機能でストレスフリーな視聴体験を実現します。

そして、Harman Kardonのスピーカー8Wを2基搭載し、Dolby AudioやDTS Studio Soundに対応した迫力あるサウンドもポイントのひとつでしょう。

その他の便利な機能

映像やサウンドの他にも、Android TV 10.0を搭載していることやGoogleアシスタントに対応していること、USB2.0×2・HDMI2.0×2・ヘッドフォン・OPTICALなど複数の外部接続が可能なことなども便利そうです。

サイズは約208×218×136mmと邪魔にならない大きさで、カラーは高級感のあるブラック(HORIZON Proのほうがやや濃い)。通常価格は「HORIZON Pro」が176,880円(税込)、「HORIZON」が129,800円(税込)で、「HORIZON Pro」のみ早割が用意されています。製品はどちらも、2021年6月下旬に発送予定とのことです。

XGIMI社のプロジェクターといえば、過去にTechable(テッカブル)でも、手のひらサイズの「XGIMI MoGo Pro+」や1080P対応の片手で持てる「MoGo Pro」などを紹介してきました。これらの製品も気になる方はこちらからどうぞ。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報