海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ドコモユーザーが業界最速を体感!? 日本のモバイル・エクスペリエンスを調査

Tech

ドコモユーザーが業界最速を体感!? 日本のモバイル・エクスペリエンスを調査

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
最近、料金の引き下げが話題となっている日本の大手モバイルキャリア。ワイヤレス業界で最大の規模と頻度で全世界のモバイル・ネットワーク・エクスペリエンスを分析するOpensignalは、「2021年4月-日本のモバイル・ネットワーク・エクスペリエンスについての分析報告書」を公開しました。

同レポートは、2020年12月1日から2021年2月28日までの90日間に、4Gと5Gの両方のネットワーク・テクノロジーで得られた実際の評価に基づくもの。各キャリアでユーザー体験はどう評価されているのか、チェックしてみましょう。

ビデオ・エクスペリエンスではSoftbankが圧倒

ビデオ・エクスペリエンスでは、Softbankがリードしました。前回レポートの79.1 (100点満点中) から上がって80ポイントのスコアで受賞した一方、楽天・NTTドコモともにユーザー・エクスペリエンスが大幅に向上しました。今回の調査では、楽天ユーザーはビデオ・エクスペリエンスが64.9ポイントから68.7に変化し、NTTドコモが77.2ポイントから78.8に向上。

大手3社 (au、NTTドコモ、SoftBank)では、いずれも「優秀」と評価されるエクスペリエンスをユーザーが享受し、その一方で楽天は「非常によい」の評価となったことが注目に値します。

NTTドコモがダウンロードスピードで業界最速

次に、ゲーム・エクスペリエンスではSoftBankが大差をつける結果となりました。SoftBankのスコア82.7は現在、競合を3ポイント以上リード。Opensignalの前回のレポートでは、SoftBankとNTTドコモの差は0.3ポイントと小さかったのですが、今回は大幅に差が開いたということになります。一方、楽天は今回79.1ポイントで、au (78.8ポイント) とNTTドコモ (79.4ポイント) との差は縮まっています。

また注目したいのは、NTTドコモのユーザーはダウンロード・スピード54.5Mbpsで最速平均を体感している点でしょう。auの49.1Mbps、SoftBankの42.1Mbps、楽天の20.7Mbpsを抑えて、Opensignalのダウンロード・スピード・エクスペリエンス・アワードを再度受賞しています。

この順位はOpensignalの前回のレポートと変わりませんが、NTTドコモのユーザーは52.3Mbpsから54.5Mbpsへと速度が向上。一方で、他3社のユーザーは、ダウンロード・スピード・エクスペリエンスに統計上の有意な変化は見られません。今後も、Opensignalの調査には引き続き注目していきましょう。

PR TIMES

(文・Takeuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報