海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech リアル競馬をも巻き込む一大ブームのウマ娘! 驚異の数字を叩き出し、サイバーの屋台骨に急成長

Tech

リアル競馬をも巻き込む一大ブームのウマ娘! 驚異の数字を叩き出し、サイバーの屋台骨に急成長

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
毎日、世界中から新作がリリースされ続けているスマホゲームの世界。すでにレッドオーシャンとも言われているこの世界では、ヒット作を生むことは容易ではなく、開発費の回収すら四苦八苦という様相を呈しています。

そんななか、空前のヒットとなっているのが、Cygamesの『ウマ娘 プリティダービー』です。ゲームをやったことがなくても、アニメやメディアで名前を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

このウマ娘が今一大ブームとなっており、リアル競馬の世界にも影響を与え始め、驚愕の数字を叩き出しています。

延期に次ぐ延期で「長過ぎる事前登録」とまで揶揄されたウマ娘

『ウマ娘 プリティダービー』は、擬人化された競走馬を育成するシミュレーションゲーム。当初、2018年冬の配信と予定されていましたが、開発が難航してその後は延期が繰り返されます。

「長すぎる事前登録」とも言われましたが、2021年2月にようやく配信が開始。待ちくたびれたファンもいたようですが、育成シミュレーションとしてのゲーム性の高さに加え、かわいい擬人化キャラが支持され、配信開始直後からロケットスタートを決めることに成功しています。

昨対比2.1倍成長でグラフは省略線に!

これがどれくらいすごいことなのでしょうか……? 先日発表されたサイバーエージェントの四半期決算(2021年1月~3月)の数字に顕著に現れています。なお、本作の開発会社サイゲームスはサイバーエージェントの連結子会社で、『グランブルーファンタジー』(グラブル)でもおなじみです。

サイバーエージェントが発表したグループ全体の連結営業利益を示すグラフですが、省略線を使用するぐらいの伸びで、258億円(昨対比2.1倍)の数字に。

ゲーム事業単体の数字でも、売上高は過去最高の639億円(昨対比42.7%増)、営業利益は232億円(昨対比122.3増)と驚愕の結果になっています。この数字は四半期(2Q)だと考えると、配信直後からヒットにつながっていることがわかります。

実際、ゲームのダウンロード数も右肩上がりで、配信開始から約1週間で100万ダウンロード、その半月後には300万、3月末に400万、4月に入って500万にもなっています。

現在のスマホゲーム市場は、既存IPを使用したゲームや中国資本の参入による競争激化が起こっており、日本発の新規IPゲームでヒットを出すのはかなりの高難易度となっています。こういった状況の中、『ウマ娘 プリティダービー』は大ヒットと言っていい数字を出しています。

ゲームからリアル競馬へ!ガチャ感覚で馬券を購入!?

数字以外にも、さまざまな影響が現れています。本作からリアル競馬へ流れる層がおり、競馬自体が活性化しているのです。これはゲーム内でのシナリオが、実際に馬の歴史に基づいた内容をベースに展開されるため、競馬について詳しいほどより楽しめるためです。ゲームに没頭するほど競走馬について調べたくなるという仕組みです。

今ではスマホで簡単に馬券を買えますし、キャッシュレス決済となるスマホゲーマーとの相性もばっちり。ゲームからからリアル競馬へ流れてきた人は、掛け方がすごいという話もあります。

ゲーム内で10連ガチャを回す感覚なのか、単勝で1回に3,000円を掛けることもあるようです。言われてみれば、ゲームにおけるガチャはわずか数秒でこれぐらいの金額が必要なので、ある種納得できますが……。

ゲーム内のマルゼンスキーのキャラクターボイスをしているLynnさんは、先日行われた大阪杯で見事3連単を的中させて100万円以上の払い戻しを手にするなどの話題もメディアを賑わしました。

こういった状況を受けてか、現役馬のオーナーからウマ娘への逆オファーが行われる現象も。今年の桜花賞にも出走したメイケイエールのオーナー中西肇氏は、ゲームの盛り上がりを見てゲームへの実装に向けてラブコールを送っています。

おてんばで有名なメイケイエールは、あの武豊騎手をもってしても手に余る気性の荒さが特徴。こういった個性的な性格はゲームへの実装でアクセントになりそうだし、実現すればメディアを賑わしそうです。

今後のラインナップも強力な布陣

とにかく話題に事欠かないウマ娘ですが、同社の今後のゲームラインナップもかなり強力です。

現実に侵食する悪夢との戦いを描く『D_CIDE TRAUMEREI(ディーサイドトロイメライ | トロメラ) 』は、ブシロードやドリコムとのタッグでメディアミックス展開が予定されており、テーマソングは東京事変が担当するという話題作。

また、2022年にはFFVIIシリーズのスマホ向けRPGとして、『FINAL FANTASY VII EVER CRISIS』を(中国本土を除く)全世界での配信も予定されています。

破竹の勢いで日本のゲーム市場で驚愕の数字を出し続けている同社の動きは、ゲーマーならずとも注目に値するでしょう。

(文・辻英之)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報