海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 実際の試合のスタッツを反映する新感覚カードゲーム「PICKFIVE」

Tech

実際の試合のスタッツを反映する新感覚カードゲーム「PICKFIVE」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
プロバスケットボールチーム・川崎ブレイブサンダースとその運営母体である株式会社ディー・エヌ・エー(DeNA)は、ブロックチェーン技術を活用した新感覚のカードゲーム「PICKFIVE(ピックファイブ)」を開発。2021年4月27日より試験提供を開始し、5月1日・2日に行われるB.LEAGUE 2020-21 SEASON ホーム最終節となるサンロッカーズ渋谷戦と連動した無料体験イベントを開催します。

選手の活躍度が自分のスコアに

「PICKFIVE」とは、ユーザーに配られる川崎ブレイブサンダースの選手のデジタルカードから活躍しそうな選手を5名選び、デッキとして編成して参加するカードゲーム。このたびの無料体験イベントは、スマートフォンのブラウザから参加できます。

ゲームに参加するには、サンロッカーズ渋谷戦の各試合の開始時刻までにデッキ編成を行い、試合を観戦するだけ。試合中の選手の活躍度に応じてスコアが獲得できる仕組みで、スコアはリアルタイムに更新されるとのことです。つまり、自分がデッキに編成した選手の活躍がハイスコア獲得のカギというわけですね。試合終了時の獲得スコアを他のユーザーと競い合い、上位に入賞すると篠山竜青選手のサイン入りグッズがもらえます。

LINEを利用した無料会員登録はこちらから。

トレーディングも可能

ゲーム上のデジタルカードの所有に関しては、LINE株式会社が提供する「LINE Blockchain」のNFT(非代替性トークン)を利用しており、「LINE BITMAX Wallet」を使ったユーザー間でのカードトレーディングが可能となります。

また、試験提供で配布したカードはブロックチェーン技術により登録者の所有物となり、今後展開が見込まれる「PICKFIVE」正式版や他のサービスで継続して利用することができるとのことです。

この試験提供を通じた検証および追加開発後、将来的には他の競技やクラブへの提供も検討していくといいます。「PICKFIVE」は、リアル・リモート両方の観戦体験に新しい楽しみ方を提案してくれるかもしれません。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報