海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 暑さ寒さを和らげるデバイス「REON POCKET」が進化! 8種の対応ウェアも登場

Tech

暑さ寒さを和らげるデバイス「REON POCKET」が進化! 8種の対応ウェアも登場

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソニーグループ株式会社が開発したウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET」が進化し、「REON POCKET 2」として2021年4月22日より販売されています。

また、これまでの「REON POCKET」専用ウェア・ネックバンドに加え、複数のアパレルブランドから同デバイスに対応した8種類のアイテムが発売されました(予約販売含む)。

体温調節をサポート

「REON POCKET」は、ソニーのクラウドファンディングFirst Flightで成功を収め、2020年に一般販売を開始した製品。ペルチェ素子といわれるサーモモジュールを搭載し、冷温に対応した薄型の温度調節デバイスです。

専用アプリからCOOL・HEAT・OFFの切り替えやレベル調節をしてデバイスの温度を調節し、体の表面温度を下げる(または上げる)という仕組み。ソニーによると、室温30度の部屋にて同デバイスをCOOLで起動したところ、安静状態で5分経過後にデバイス周辺の体表面温度が13度下がり、逆にHEATで起動した場合は体表面温度が8.3度上がったとのことです。

なお、アプリ操作以外にも、複数のセンサーで温度を自動調整する「オートモード」や自分好みの設定ができる「マイモード」、自動で冷却レベルを上下する「ウェーブモード」(COOLのみ)などがあります。

そんな「REON POCKET」の駆動回路を新設計し、吸熱性能を大幅に向上したのが「REON POCKET 2」。アプリで調整できるレベルが4段階に増えています(従来は3まで)。肌に接触する冷温部には、高強度かつ冷たさを伝えやすいステンレススティール「SUS316L」を採用。内部部品にはシーリングを施し、耐水性・耐汗性も進化させているようです。

対応ウェア、順次発売!

同デバイスの使用方法は、専用ウェアにある背中上部の格納ポケットに入れたり、専用ネックバンドに装着して首にかけたり。これまで、専用ウェアは東レインターナショナル株式会社が開発したものに限られていましたが、このたびアパレル5ブランドで8種類の対応アイテムが開発されました。

「デサント」は、ゴルフウェアとTシャツを4月22日より販売中。「マンシングウェア」と「ルコックスポルティフ」はそれぞれゴルフウェアの、「エストネーション」のコレクションラインFFFは2タイプのTシャツの予約販売を4月22日より開始しています。「EDIFICE」は、ビジネスシャツとポロシャツを各2色、6月に販売予定のようです。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報