海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 本棚に馴染む! B&Oが超スリムなWi-Fiスピーカー「Beosound Emerge」発表

Tech

本棚に馴染む! B&Oが超スリムなWi-Fiスピーカー「Beosound Emerge」発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
音質やデザインで定評のあるデンマークの老舗音響メーカーBang&Olufsenが、またも消費者をハッとさせる新商品を発表した。今回は超スリムデザインのWi-Fiスピーカー「Beosound Emerge」。

本棚やキッチンカウンターの隅などに置くのにぴったりのデザインで、インテリアの一部として部屋に溶け込みそうだ。

背表紙から音楽

可能な限りスリムなスピーカーを作るというコンセプトでデザインされたBeosound Emergeは、ハードカバー本のような外観。実際、本棚に収納する本のように縦置き仕様となっていて、幅は6.7センチだ。

本でいう背表紙部分から音が出る構造だが、織物で覆われているため、外観は全くスピーカーに見えない。しかも両サイドの表面はオーク材のパネルで覆われているので、暖かみのあるインテリアといった雰囲気を醸し出している。

2台でステレオサウンドに

もちろん、こだわっているのはデザインだけではない。スリムながらもBeosound Emergeは37ミリのミッドレンジドライバー、14ミリのツイーター、101ミリのウーファーなどを内蔵し、迫力ある透明なサウンドを楽しめる。

周波数域は45〜2万2000Hz、最大音量は92dB SPLだ。ベストな音響を楽しめる部屋のサイズは5〜30立方メートルとしている。

Beosound Emergeを2台用意してペアリングすることでステレオサウンドとなる。加えて、専用のアプリからイコライザーに手を加えて聞こえを微調整することも可能だ。

Beosound Emergeはゴールドトーンとブラックアンスラサイトの2色が用意され、価格はゴールドが749ユーロ(約9万7000円)、ブラックが599ユーロ(約7万8000円)。まずは欧州で発売され、秋以降にグローバル展開される見込みだ。

Bang&Olufsen
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報