海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「バーチャル渋谷」に誕生したライブハウス、20日間のライブのラインナップ発表

Tech

「バーチャル渋谷」に誕生したライブハウス、20日間のライブのラインナップ発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般社団法人渋谷未来デザインとKDDI株式会社は、「バーチャル渋谷」内にバーチャルライブハウス「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G」をオープンした。

両社を主管とするYOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE 実行委員会は、同ライブハウスにて2021年3月31日~5月23日の期間の合計20日間におよぶバーチャルライブ「YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powered by au 5G」を開催中。3月31日のオープニングデーには3組のアーティストが出演し、まるで本物のライブハウスのような盛り上がりをみせたという。

そしてこのたび、4月16日から毎週末開催される同ライブの出演アーティスト総勢100組のラインナップを一挙公開した。

オープニングデー

「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G」は、「バーチャル渋谷」内の渋谷スクランブル交差点にある入口から入る、地下空間をイメージしたライブハウス。

clusterの無料アカウント作成と使用するデバイス用のclusterアプリのインストールを済ませ、VRデバイスやスマートフォン、PCなどから「バーチャル渋谷」にアクセスすれば誰でも無料で入場できる(入場制限あり)。

同ライブのオープニングデーには「Wez Atlas」「sooogood!」「ザ・チャレンジ」の3組が登場。近未来的な空間にアバターとなった観客が集まり、ペンライトを振ったり拍手をしたり、飛び跳ねたりして一体感のあるライブを楽しんだという。観客がアーティストを見る視点はやや上向きなようで、リアルなライブハウスでの視点に近いようだ。

なお、オープニングデーのトリを務めた「ザ・チャレンジ」のドラマーであるドラゴンチャレンジは、実はKDDIの現役社員で、本企画の主要メンバーとのこと。

出演アーティスト発表

オープニングデーが成功を収めたところで、4月16日以降の毎週末に繰り広げられるライブのラインナップが発表された。日程は合計20日間、総勢100組にもおよぶアーティストが出演する予定だ。では、出演アーティストを一部紹介しよう。

心地よいポップなメロディを自在に操る「DENIMS」、ギターロックシーン注目のバンド「ircle」、渋谷発の4人組パンクバンド「MINAMIS」、サイケデリックなメロディを奏でるインディポップバンド「South Penguin」などのネクストブレイクアーティストが勢ぞろい。

ほかにも、「尾島隆英」「惑星アブノーマル」「MO MOMA」「BIALYSTOCKS」などの出演も決定しており、幅広いジャンルの音楽が楽しめそうだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報