海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「NEWVIEW SCHOOL」第3期開講! 日本に先立ちロンドン校がオープン

Tech

「NEWVIEW SCHOOL」第3期開講! 日本に先立ちロンドン校がオープン

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社Psychic VR Lab、株式会社パルコ、株式会社ロフトワークによる共同プロジェクト「NEWVIEW(ニュービュー)」の2021年の活動が始まった。

活動第1弾として、Psychic VR Lab主催の「NEWVIEW SCHOOL(ニュービュー・スクール)」の第3期を開講。2021年は日本に先立ちヨーロッパ初となるイギリス ロンドン校をオープンし、受講生の募集を開始した(対象はイギリス在住者のみ)。

グローバル展開を加速

このたびの「NEWVIEW SCHOOL」イギリス ロンドン校のオープンはヨーロッパをはじめとしたグローバル展開を加速する第一歩だ。これを実現すべく、元VR Focus CEO兼創刊編集長 Kevin Joyce氏をグローバルパートナーとして招いたとのこと。

ロンドン校の講師としては、3DやXRツール、AIなどを使い学術研究を行う科学者兼デザイナーLili Eva Bartha氏(Digital Fashion Framework innovation lab創設者)や、VFXスーパーバイザーのPatrick Haraguti氏(Fallen Planet Studio CTO)、VR映画監督のALex Ruhl氏(VRスタジオ CATS are not PEAS創設者)など豪華な面々が参加するようだ。

「NEWVIEW」の取り組み

「NEWVIEW」とは、3次元空間での新たなクリエイティブ表現と体験のデザインを開拓すべく2018年1月に始動した実験的プロジェクト・コミュニティー。さまざまなジャンルのアーティストなどとの実験的作品を発信してきた。

代表的な取り組みのひとつがxRコンテンツアワード「NEWVIEW AWARDS」。これまで3回開催された同アワードには、世界中から多様なXR作品が応募された。なお、3回目からはVRのみならずAR作品もエントリー対象となっている。

また、2020年8月には、ジャンル特化のxR表現コミュニティ「NEWVIEW CYPHER」を始動。「#Photogrammetry」「#Game」「#Illustration」「#Graphic」「#Music」「#Goods」という特定のジャンルにおいて、集まったアーティスト・クリエイターが作品制作やプレゼンテーションを通じてxR表現を開拓していく。第5弾として公開された「NEWVIEW CYPHER #Music」では、YOASOBIをコラボレーションアーティストに迎え、『夜に駆ける』のミュージックビデオのUGC制作に挑んだ。

そして、今回取り上げた「NEWVIEW SCHOOL」も「NEWVIEW」の代表的な取り組みのひとつ。xRを総合芸術として学ぶプログラムを展開し、次世代アーティスト・クリエイターの発掘・育成に注力している。そんな「NEWVIEW SCHOOL」の第3期がいよいよ開講。「NEWVIEW AWARDS」などと連動した取り組みにも注目したい。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報