海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 充電不要!ナビ搭載の2万円サイコンがロードバイクのお供に最適

Tech

充電不要!ナビ搭載の2万円サイコンがロードバイクのお供に最適

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロードバイクの心強いお供に、マップや走行距離を教えてくれる「サイクルコンピュータ」を選ぶ人は少なくない。現在クラウドファンディングサイトMakuakeで支援受付中の「trimmOne LITE(トリムワンライト)」は、ナビ機能を搭載しながらも、価格を2万円台に抑えた安価・高性能なサイコンだ。

ソーラーパネルで充電要らず

trimmOne LITEは解像度200dpi、高コントラストな3.2インチの画面を備えながらも、薄さ9.9mm、そして59gという軽さを両立するサイクルコンピュータ。電力消費も抑えられていて、本体のみで15時間、スピードセンサーと連動すれば最大50時間の連続使用が可能という。

さらに、専用のソーラーパネルを接続すれば、充電時間を気にすることなく、半永久的に使えるようになる。マグネットコネクターで本体と接続し、簡単に付け外しできるのも魅力だ。

ナビ機能を活用

trimmOne LITEの基本的な機能は、距離やスピード、高度、ケイデンス(ペダルの回転速度)、心拍数、消費カロリー等のリアルタイム表示。さらに特筆すべき点として、2万円台という価格帯ながら、オンラインマップに基づくナビ機能が搭載されている。

スマートフォンの専用アプリと連携して、目的地ごとに最適な経路を表示したり、最大30個までの地点を登録できる。キャッシング機能を利用すると、ネットワーク接続のない場所でもマップを使用可能。データ消費を抑えながら、長時間のサイクリングを楽しむことができる。

Makuakeでスタートした「trimmOne LITE」の製品プロジェクトは、執筆時点で目標額の36倍を超える支援を集め成功。出資は5月15日まで受け付けており、いまなら早割(25%OFF)で20,100円(税込)から応援購入が可能だ。

Makuake

(文・九条ハル)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報