海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech バーチャル空間でオープンキャンパス体験! 凸版印刷、パーソナルアシスタントサービス「TOP VRAIN™」を開発

Tech

バーチャル空間でオープンキャンパス体験! 凸版印刷、パーソナルアシスタントサービス「TOP VRAIN™」を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
凸版印刷株式会社(以下凸版印刷)は、パーソナルアシスタントサービス「TOP VRAIN™」を開発。バーチャルオープンキャンパス「TOP VRAIN™ for Campus」を活用した実証実験を、中央大学にて2021年3月31日~2021年5月31日の期間で実施する。

バーチャルオープンキャンパス「TOP VRAIN™ for Campus」とは?

「TOP VRAIN™ for Campus」では、対話型AIを用いたコンテンツマッチング手法によって、学生が持つ志向に沿った大学の学部・学科をレコメンドする。さらに、マッチングした大学の学部・学科施設を撮影したウォークスルーVRを用いて、バーチャル空間でのオープンキャンパスを体験することも可能だ。

これまで、学生が受験校を決める際の主な情報源は、大学情報雑誌やWebサイトなど定型的な情報による絞り込みや、オープンキャンパスへの参加だった。しかし、従来の方法では本来、自身に合った大学の学部・学科を選択することが難しく、遠方の学生にとってはオープンキャンパスに参加するための費用や時間の制約が負担になっていた。「TOP VRAIN™ for Campus」は、これらの課題の解決を可能にする。

コロナ禍で新しい情報提供の方法が求められている昨今、過去にもTechableでは、東洋学園大学によるVRを活用した「360度オンラインキャンパスツアー」や、東京理科大学が採用した新感覚デジタルパンフレット「TIG Magagine」などを紹介してきた。今後さらに発展が期待される取り組みだ。

オープンキャンパス以外の活用にも期待

凸版印刷は今後、対象とする大学の拡大や、デジタル空間内で大学職員と交流する機能の開発、大学受験以外のライフイベントを対象とするプラットフォームとしてサービスを拡張し、2025年までに関連受注を含め30億円の売上を目指す。また、デジタルツイン領域における事業展開を見据えてサービス開発を進めていくとしている。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報