海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 3Dアバター特化型のNFT売買プラットフォーム「AvatarSystem(仮)」

Tech

3Dアバター特化型のNFT売買プラットフォーム「AvatarSystem(仮)」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンセンサス・ベイス株式会社(以下、コンセンサス・ベイス)は、3Dアバターに特化したNFT売買プラットフォーム「AvatarSystem(仮)」のクローズドアルファ版を開発。法人向けにサイトを提供するほか、システム・技術提供による開発支援なども行っていくとしている。

3Dアバターがブロックチェーン上のトークンに

メタバース(仮想空間)において、ユーザー自身の分身となる「アバター」。新型コロナウイルス流行の影響でさまざまなイベントのバーチャル化が進む最近では、アバターを活用して交流する機会も増えつつある。たとえばTechableでは、2021年3月に開催された「MusicVket 2」や、同4月末から開催予定の「MIKU LAND β mini YOSAKURA」を取り上げた。

今回の「AvatarSystem(仮)」は、そうしたメタバースにおける3Dアバターを、ブロックチェーン上のトークンにするプラットフォームだ。

IP企業やクリエイターがアップロードした3Dアバターの権利は、所有者や著作権情報などが明確になった「NFT(ノンファンジブルトークン=非代替性トークン)」として管理。ユーザー間の売買も可能になり、メタバース上で独自の経済圏が築かれることを促す。

プラットフォーム「CryptoCards」「KARUTA」も手がける

2015年にブロックチェーン技術の専門企業として創業したコンセンサス・ベイスは、デジタルアセット流通プラットフォーム「CryptoCards」のベータ版を2018年にリリース。同プラットフォームは、トレーディングカードなどの知財を対象にしたものとなっている。

同社はその後、ゲームアセットやトレーディングカードをNFTとして発行・管理できるプラットフォーム「KARUTA」も開発。こうしたプラットフォーム開発の知見が「AvatarSystem(仮)」の開発でも活用されたとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報