海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ゴキ退治も5Gの時代?電子化したゴキブリ捕獲器「Gキャッチャー」

Tech

ゴキ退治も5Gの時代?電子化したゴキブリ捕獲器「Gキャッチャー」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゴキブリと我々の歴史は長く、それに伴い我々人類は多くの技術を動員してきた。これまでの技術を独自の視点で「勝手に」こう整理してみた。

新聞紙や雑誌、スリッパという肉弾戦の第1世代、殺虫剤という画期的な飛び道具が導入された第2世代、もはや直接対峙すらしなくてもすむようになった据え置き型のエサ薬やゴキブリホイホイが第3世代、そして霧状の薬剤を広範囲に拡散できるバルサンなどが導入された第4世代だ。

そこでついにゴキブリ対峙技術も第5世代(5G)に突入しようとしている。そう、次は電子化による効果の増幅だ。そこで今回はこの「Gキャッチャー」を紹介したい。

電力を用いた加熱/加湿機能

このGキャッチャーは、USBから給電した電力を使う最新のゴキブリキャッチャーだ。水分をすわせたスポンジから発せられる蒸気で湿度をゴキブリ用に最適化し、熱により一層効果が上がった誘引剤の匂いによって今までより効果的にゴキブリを誘引できる。

一度ゴキブリが入ると出られなくなる片道ゲートや粘着剤が搭載されているため、限りなくスマートにゴキブリを捕獲することができる。本体はフル充電で8時間もち、電源スイッチでこのON/OFFの切り替えも可能だ。

誘引剤には人間の身体には無害なものが用いられているのも安心だ。中の捕獲シートは交換型なので、何度も使い回しができるのも嬉しい。

「いかにも」感のないシックなデザイン

さらにユニークなのがその見た目だ。ゴキブリ対策道具感が出ておらず、これなら部屋に置いていてもゴキブリキャッチャーだと気づかれることもないのではないだろうか? むしろ、このフォルムと黒塗りは、ガジェット好きにはたまらない。

Gキャッチャーは現在Makuakeにてキャンペーンを実施しており、1台4800円(税込)から出資注文をすることができる。プロジェクトは2021年の4月29日まで行われているので、ゴキブリが増える夏に向けて検討してみてはどうだろう?

Makuake

(文・Doga
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報