海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 1分の1スケールで再現された豪華船舶をVRで体験できる「TOYOTA Marine WORLD」

Tech

1分の1スケールで再現された豪華船舶をVRで体験できる「TOYOTA Marine WORLD」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
トヨタ自動車株式会社マリン事業室(トヨタマリン)は、2021年4月1日~30日の期間で開催している「ジャパンインターナショナルボートショー2021」において外部特設バーチャルブース「TOYOTA Marine WORLD」を出展中。同ブースは、VRChatまたはWebブラウザ(Hubs)で体験可能だ。

同ブースの企画制作を担当したのは、株式会社HIKKYおよびトヨタコネクティッド株式会社。HIKKYの有するVR制作ノウハウを活用し、レクサス艇やポーナム艇を1分の1スケールで忠実に再現している。

ユーザーファーストなコンテンツ

「TOYOTA Marine WORLD」を構成するのは「エントランスホール」「LEXUS Area」「Toyota Marine Area」の3つ。「エントランスホール」では、ワールドの楽しみ方などの案内を掲載している。各ブランドのブースでは、ボートの展示はもちろん、クルージングや釣り、動画の視聴などを体験可能だ。

展示されているボートの3Dモデルは、トヨタマリンから提供された3DデータをもとにHIKKYがモデリングを行ったという。ポイントは、再現クオリティと描画負荷のバランスを考え、ユーザーの体験価値を最大化するようモデリングしたということ。

具体的には、船体の大胆なプロポーションやラグジュアリーな船内の質感をすべて高容量で再現するのではなく、クオリティを保ちつつポリゴン数(データ容量)をコントロールし、一般的なVRユーザーがスムーズに体験できるようにしたということだ。HIKKYの技術・ノウハウが光るユーザーファーストなコンテンツといえるだろう。

会場へ行ってみた。

「LEXUS Area」には、ラグジュアリーヨット「LY650」が展示されていた。背景には大画面のコンセプトムービーが流れ、天井を見ると「LY650」のスペックが表示されている。

船内は、落ち着いた色合いの装飾とゆったりとしたソファが印象的。操縦席のリアリティや船首の甲板に設置されたソファやテーブル、スピーカーなどにより「LY650」でのクルージングをイメージしやすかった。イメージだけにとどまらず、上部フライングブリッジの操縦盤に触れると「TOYOTA Marine WORLD」内をクルージングすることもできる。

「Toyota Marine Area」では、プレミアムスポーツクルーザー「PONAM-28V」と「PONAM-31」を海中フロアにて展示中。ブース手前のコントロールパネルで選んだボートが海底からせり出すという演出もなかなかだ。これら2艇の甲板では、設置されている釣り竿を使った釣り体験が可能。運がよければ、クジラやイルカたちがブースを覗きに来るらしいが今回は会えなかった……。なお、このブースではポーナムシリーズ各艇や搭載エンジンのスペックなども紹介している。

リアルで開催しているボートショーはどこか敷居が高い感じがして行きづらい、時間や距離などの問題で行けないという人にはおすすめのバーチャルブースといえるだろう。

PR TIMES

(文・Higuchi)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報