海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 離れていてもリアルな「街歩き」体験を共有! MESON、渋谷でAR/VR融合実証実験を実施

Tech

離れていてもリアルな「街歩き」体験を共有! MESON、渋谷でAR/VR融合実証実験を実施

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社MESON(以下、MESON)は、プロジェクト「GIBSON(ギブソン)」において、東京都渋谷区神南エリアを舞台としたAR/VR融合の周遊体験の実証実験を実施。

本実験は国土交通省主導の3D都市モデル整備・オープンデータ化プロジェクトであるProject PLATEAUの一環として2021年3月8日から3月16日にかけて行われた。

プロジェクト「GIBSON」と今回の実証実験の内容は?

MESONは、2020年に世界最大のAR/VRアワードである「Auggie Award」をソフトウェア領域において日本初で受賞した企業。Techableでもこれまで、同社のさまざまな取り組みを紹介してきた

「GIBSON」は、そんなMESONが、株式会社博報堂DYホールディングスと共同研究を進めるプロジェクト。現実世界(フィジカル空間)とサイバー空間を融合させた新たなコミュニケーション体験構築を目指す。コロナ禍をきっかけに、移動や接触の制限など、生活様式の変化が加速するなか、ますます注目される取り組みだ。

今回の実証実験では、3D都市モデルを活用して構築されたバーチャルな渋谷神南エリア地区に遠隔地からアクセスするVRユーザーと、実際に渋谷神南エリアにいるARユーザー間のインタラクションがどのように変化し、どのようなユースケースが可能になるかを検証。結果、フィジカル空間にいる人とサイバー空間にいる人が物理的距離を超えて「街歩き」体験を共有し、一体感を持ってコミュニケーションを取れることがわかった。また、街の魅力発見にもつながる。

スマートシティへの活用も!

今回の実証実験で得られた学びや手応えをもとに、当初想定していた観光、イベント、ショッピング体験といったユースケースだけでなく、スマートシティにおける遠隔地をつなぐコミュニケーションプラットフォームとしての活用も期待される。

PR TIMES

(文・和泉ゆかり)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報