海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「空」と「陸」を連携! JALのMaaS領域における取り組みとは?

Tech

「空」と「陸」を連携! JALのMaaS領域における取り組みとは?

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
日本航空株式会社(JAL)は、シームレスな移動体験を創出するMaaSの推進・社会実装に向け、陸上の移動を担うUber Technologies, Incや東日本旅客鉄道株式会社と連携を開始。国内外において目的地までのシームレスな移動や滞在時間の充実などをサポートしていく構えだ。

Uberとの連携

JALは、2021年3月26日にUberとMaaS領域における戦略的パートナーシップ契約を締結。その第1弾として、ハワイでの到着空港から目的地までの配車リクエストおよび目的地におけるフードデリバリーの手配がJALアプリから可能となる。

これにより、JALアプリひとつで飛行機の予約や搭乗手続きにくわえ、到着地での安定したシームレスな移動と充実した時間を実現することができるという。今後は、ハワイ以外での展開を視野に、さらなる利便性向上に向けさまざまな取り組みを推進していくとのことだ。なお、JALの海外でのMaaSの取り組みは今回が初とのこと。

この連携を記念し、キャンペーンが実施される。4月1日~9月30日の期間、JAL Webサイトなどからキャンペーンページを見たユーザーに「Uber Taxi」「Uber Black」「Uber Eats」で使える割引クーポンを提供するようだ。

JR東日本との連携

また3月29日には、JALと東日本旅客鉄道株式会社(JR東日本)がMaaS領域において連携することに合意。両社の取り組みの第1弾もハワイを舞台にしたものだ。

両社は、ハワイの本格的な観光再開にあわせ、日本からハワイへの旅行客に向けたMaaS実証実験を実施予定(日程は未定)。同実験では、旅マエ・旅ナカ・旅アトの計画づくりや楽しい過ごし方をトータルにサポートするサービスの提供を予定しているという。

具体的には、JR東日本が提供する「旅行プランニングサービス」や、移動のための検索・手配・決済をまとめて提供する「モビリティ・リンケージ・プラットフォーム」、国内における経路案内・運行情報などを提供する「JR東日本アプリ」により、旅の計画や当日の移動などをサポートするようだ。

また、JALによるハワイの観光情報やクーポンなどの提供、現地での移動手段の予約・手配機能の提供により、楽しくシームレスな旅をサポートしていくという。

今後は、ハワイ以外のさまざまな場所やあらゆる観点で連携していきたいとのことだ。

移動・観光をサポートするJAL

JALはこれまで、株式会社NearMeの「スマートシャトル」と連携して空港からのシームレスでリーズナブルかつ安心・安全な移動を実現するなど、主に国内におけるMaaS領域の取り組みを推進してきた。一方で、西日本旅客鉄道株式会社(JR西日本)と連携してインバウンド需要の回復に向けた取り組みを強化するなど、観光面での日本経済発展にも注力している。

JALおよび連携企業の取り組みにより、世界中の観光客にとってストレスフリーな移動を実現してほしいと思う。

PR TIMES(Uberと連携)
PR TIMES(JR東日本と連携)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報