海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 未来の読書体験の実現へ! DNPが取り組む「バーチャル書店」の事業化とは

Tech

未来の読書体験の実現へ! DNPが取り組む「バーチャル書店」の事業化とは

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
大日本印刷株式会社(以下、DNP)は、DNPグループのジュンク堂書店池袋本店を「バーチャルジュンク堂書店池袋本店」としてバーチャル空間「池袋ミラーワールド」上に構築。

今後は「バーチャル書店」の事業化に取り組み、リアルとバーチャルが融合した未来の読書体験の実現を目指していく。

「本を読む」以外の新たな体験を提供

Webブラウザでアクセス可能な「バーチャル書店」では、「読書」以外の新たな形で本を楽しめるようなコンテンツを提供する。具体的には動画・音声の活用に加え、キュレーターによる本の魅力の解説やオンラインサロン開催といったさまざまな形を想定。

また、書店員や著名人などが独自のテーマで書籍を紹介する「ブックツリー」や「AI書店員」などの機能開発を通じ、偶発的なコンテンツとの出会いも創出するという。

そしてバーチャル空間に陳列する書籍からは、紙とデジタルのハイブリッド型総合書店「honto」や、丸善ジュンク堂書店の実店舗への誘導を図り、各書店の販促につなげる。

さらにDNPは「バーチャル書店」をバーチャルな都市空間における開かれたメディアと位置づけ、地域の魅力を発信。自治体などの団体や企業とコラボレーションし、リアルな空間と連動したイベントを行うことで地域の経済活動を支援する。

生活者参加型のプロジェクト「むすぶんこ」が始動

バーチャルジュンク堂書店池袋本店がある池袋ミラーワールドは、株式会社テレビ東京が運営するバーチャル空間として2021年3月27日にオープン。コンセプトは「池袋をバーチャル上に再現する」というもので、過去にTechableでも取り上げている

DNPは今回、生活者参加型のプロジェクトとして「むすぶんこ」を始動。生活者から募集した物語のアイデアを元に、出版編集者やシナリオライター、芸人や声優たちが物語を作っていく。

先日キックオフイベントとして「むすぶんこ 第0回アイデア会議」が行われた。制作過程や完成作品は、バーチャルジュンク堂書店池袋本店のイベントにて随時発信予定とのことだ。

大日本印刷株式会社

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報