海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 治療アプリ®︎「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」の処方、神奈川県ではじまる

Start Up

治療アプリ®︎「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」の処方、神奈川県ではじまる

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CureAppは、1月15日より医療法人社団啓寿会 石橋クリニックの禁煙外来にて治療アプリ®︎「CureApp SC ニコチン依存症治療アプリ及びCOチェッカー」(以下、CureApp SC)の処方が神奈川県で初めて開始されたことを発表した。

注目されている「治療用アプリ」

疾患治療のために医師が患者に処方する「治療用アプリ」は新しい治療法として注目を集めており、海外では国の承認を得て保険償還されるかたちで処方されているところもある。

そんななか、株式会社CureAppの開発したCureApp SCが2020年に国内ではじめて薬事承認と保険適用を受けた。

Techableでは昨年、同社へのインタビューも行っているので、「治療用アプリが医療にもたらす進化」について知りたい方は、ぜひそちらも読んでいただきたい。

神奈川県で初の導入

今回CureApp SCの処方を開始した石橋クリニックは神奈川県にある。実は神奈川県は禁煙への取り組みに積極的で、卒煙チャレンジ動画の配信や「かながわ卒煙塾」、禁煙マラソンなどさまざまなサポート体制を整えているとのこと。

導入した理由として、石橋クリニック院長の石橋啓如氏は「禁煙成績が向上するだけではなく、これまでの禁煙外来診療では知ることが出来なかった患者様の自宅での禁煙状況(喫煙の誘惑との葛藤や自宅での一酸化炭素濃度など)を正確に把握できることが禁煙を継続させるサポートに有用だと考えたから」とコメントしている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報