海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「バーチャル渋谷」にライブハウス誕生! 100組のアーティストによるライブ開催

Tech

「バーチャル渋谷」にライブハウス誕生! 100組のアーティストによるライブ開催

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
一般社団法人渋谷未来デザインとKDDI株式会社は、「バーチャル渋谷」内にバーチャルライブハウス「SHIBUYA UNDER SCRAMBLE powered by au 5G」をオープンする。

そして両者を主管とするYOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE 実行委員会は、2021年3月31日~5月23日の期間の合計20日間、同ライブハウスにて100組のアーティストが出演するバーチャル音楽ライブ「YOU MAKE SHIBUYA VIRTUAL MUSIC LIVE powered by au 5G」を開催する見込みだ。

初日は3組の出演が決定!

同ライブハウスは、渋谷スクランブル交差点の地下の空間をイメージして創られた。会場へは、「バーチャル渋谷」内の渋谷スクランブル交差点にある入口から入ることができる。

ここで開催される同ライブは、2020年夏に実施した新型コロナウイルスの影響を受けたエンターテインメント・ファッションなど渋谷の文化を支える業界を支援する「YOU MAKE SHIBUYA クラウドファンディング」の一環として、アーティストに表現と発信の場を提供することを目的に開催される。

ライブには総勢100組が出演予定。3月31日のオープニングデーには、HYPEBEAST JAPANによる注目のU20アーティストに選ばれているヒップホップアーティスト「Wez Atlas」や、ボーカル・ギター・プログラミング・作詞・作曲・アレンジなどをすべて手掛けマルチに活躍する「sooogood!」、Twitterのつぶやきをきかっけに結成したトリプルボーカルバンド「ザ・チャレンジ」の出演が決定している。

「バーチャル渋谷」から生まれるエンタメ

「バーチャル渋谷」は、KDDI株式会社・一般社団法人渋谷未来デザイン・一般財団法人渋谷区観光協会の三者を中心に組成される「渋谷5Gエンターテイメントプロジェクト」がオープンした「もうひとつの渋谷」。

ユーザーは、クラスター株式会社の「cluster」を通じ、スマートフォンやPC、VRデバイスからバーチャルイベントを開催したり参加したりできる。また、株式会社Psychic VR Labの「STYLY」を活用したリアルな渋谷と連携するデジタルツインも体験可能だ。

同ライブイベントへの参加には、clusterの無料アカウント作成と使用するデバイス用のclusterアプリのインストールが必要。「バーチャル渋谷」にアクセスし、ライブハウスに入場すれば無料でライブが楽しめるとのことだ(入場制限あり)。

「バーチャル渋谷」ではこれまで、ハロウィンフェスやクリスマスイベントなどの企画を開催してきた。今回のライブハウスはまた新しいエンターテイメントを生み出しそうだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報