海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech タクシーの車窓にクリアな広告を映し出すサービス「Canvas」

Tech

タクシーの車窓にクリアな広告を映し出すサービス「Canvas」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
モビリティメディア「THE TOKYO TAXI VISION GROWTH」を運営する株式会社ニューステクノロジーとS.RIDE株式会社は、タクシー車両の窓に広告を映し出す車窓モビリティサイネージサービス「THE TOKYO MOBILITY GALLERY Canvas」(以下、Canvas)を2021年6月より開始する。

両社は、2019年4月よりアプリでの配車や決済といったタクシー産業のDXを推進してきた。そして「Canvas」を通じ、モビリティ産業の新たな価値を見出していく。

AGCの「グラシーン」を搭載

「Canvas」のコンセプトは「東京に新たなギャラリーを」。都内のタクシー車両の窓にAGC株式会社が独自開発したガラス製透明スクリーン「グラシーン」を搭載し、空車中の車両の窓に広告を投影する。

「グラシーン」により、広告を投影していないときは透明な窓ガラスだが、投影時にはクリアな広告を映し出すという。なお、車窓モビリティサイネージサービスにおける「グラシーン」導入は日本初とのこと。

同サービス開始に先がけ、広告主・広告代理店向けの「Canvas」媒体および広告メニュー説明会が開かれる。2021年3月31日16:00~17:00にオンライン・オフライン(ベクトルスタジオ)同時開催となるようだ。

位置情報などとの連携も視野に

「Canvas」は、まず都内を走行する100台のJPN TAXI車両で運用を開始する。その後段階的に対象車両を増加し、S.RIDE加盟のタクシー事業社が保有するJPN TAXIすべてに搭載していく見込み。

将来的には、タクシー配車アプリ「S.RIDE」で取得した位置情報などのデータと連携し、ロケーションや時間帯に最適化した広告やそのほかの情報を表示できるよう開発を進めていく構えだ。

2021年1月に、同サービスとよく似た「CarWindow」のβ版がリリースされている。こちらも、車などの窓をスクリーンとして広告を映すというもの。広告を映すタイミングや効果算出など多少の違いはあるが、いずれもこれまでにない斬新なプロモーションを展開する新たなツールとなるのではないだろうか。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報