海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ネット注文した薬王堂の商品をドライブスルーで受け取れるアプリ「P!ck and」

Tech

ネット注文した薬王堂の商品をドライブスルーで受け取れるアプリ「P!ck and」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社10Xと株式会社薬王堂は、「ドラッグストアDX推進プロジェクト」を開始。第1弾として、スマートフォンから注文した薬王堂の商品を店頭または店舗駐車場で車上受取できるアプリ「P!ck and(ピックアンド)」の提供をスタートした。

ドライブスルーで決済・受取

「P!ck and」は、薬王堂で取り扱う医薬品や日用品、食品、化粧品などをスマートフォンから注文し、店舗に行ってスムーズに受け取れるというアプリ。商品は「P!ck and STORE」を選ぶと店頭で、「P!ck and DRIVE」を選ぶと店舗駐車場の車上でスタッフより受け取ることが可能だ。「P!ck and DRIVE」の場合、決済も車に乗ったままできる。

注文してからスタッフが商品を用意するという流れで、最短で2時間後からの受取が可能。当日16時までの注文で21時まで対応しているようだ。なお、アプリにはお得なクーポンもあるとのこと。

また今回は、10Xの小売チェーンEC垂直立ち上げプラットフォーム「Stailer」に新たに追加された店舗スタッフ向けアプリも提供している。これによりスタッフは、普段使っているスマートフォンで「P!ck and」からの注文商品のピッキング・パッキング、顧客の来店・商品の受け渡し管理、在庫・商品情報の即時管理を行うことができるという。

プロジェクトの背景と今後の展望

「Stailer」は、スーパーやドラッグストアなどのECをシステム開発不要で立ち上げることができるプラットフォーム。顧客向けアプリや、店舗向けオペレーティングシステムを提供し、スムーズなEC運営をサポートするのが特徴だ。現在、イトーヨーカドーやライフなどでの導入実績を持っている。

一方、薬王堂は東北6県でコンビニエンス・ドラッグストア「薬王堂」321店舗を展開中。「少子高齢化」「人口減少」という課題が深刻化する東北地方において、地域のインフラとして顧客のニーズに応える店舗展開に取り組んでいる。

そんな両社の課題意識や顧客に提供すべきサービスへのビジョンが一致したことから今回のプロジェクトが始動。生活者の利便性を確保するためのモデルケース作りに取り組んでいく。今後は、年内の「P!ck and」全店舗展開を目指すとともに、商品を自宅まで届ける「P!ck and DASH」やオフィスまで配送する「P!ck and OFFICE」の運用を検討していくとのことだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報