海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up あなたの指が「マウス」になる? Makuakeで達成率8000%のSnowlとは

Start Up

あなたの指が「マウス」になる? Makuakeで達成率8000%のSnowlとは

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
思わずワクワクしてしまうウェアラブルデバイスが注目を集めている。

CoX Spaceは、リング型マウス「Snowl(スノール)」を国内最大級のクラウドファンディングサイトMakuakeで先行予約受付中だ。これは空中操作でデバイスを自由にコントロールできるもので、製品は2021年6月末までに配送予定だという。2021年3月11日時点で、プロジェクト終了まで残り49日を残しながらも、既に800万円以上を集めており目標額に対して8000%を達成している。

同製品は、2020年10月に米クラウドファンディングサイトKickstarterでもプロジェクトを実施しており、合計25万米ドル以上を集めた注目のアイテムだ。Techableでも取り上げている。

新発想のウェアラブルデバイス

Snowlは、タッチスクリーンやPCマウスなどに「3Dの可動域を与えたウェアラブルリング型デバイス」だ。

その大きな特徴は、時間の経過とともに手の動きの自然なジェスチャーを学習し、指の動きを追跡する機械学習エンジンを搭載している点。従来のマウスに代わるものであると同時に、タブレットコンピューター、スマートフォン、スマートTVなどの様々なデバイスのコントロールもしやすくなる。また、リング型であるため装着したまま様々な動きが可能なのも。

好みの使い方で楽しめる

3つのモーショントラッキングモードがある。

まず、「エアーマウスモード」では、指にはめたSnowlのタッチ・スワイプ操作によって、タブレット端末やパソコンの操作を行える。

次に、「ジェスチャーマウスモード」に切り替えると、その名の通りユーザーがジェスチャーをすることでデバイスの操作が可能になる。プレゼンテーションや、VRコントローラとしても活用できるだろう。

そして、3つ目の「ジョイスティックマウスモード」。これはSnowlを充電クレードルに設置した状態で利用できるというもの。3つの操作モードのなかでは、最も一般的なマウス操作に近い形といえるだろう。


PCのマウスは、有線タイプからBluetoothを用いた無線タイプへと進化の道を辿ってきた。次は「ウェアラブル」の時代が来るのかもしれない。


PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報