海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up サムライインキュベート、イスラエルの「Webeyez」への出資を決定

Start Up

サムライインキュベート、イスラエルの「Webeyez」への出資を決定

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社サムライインキュベート(以下、サムライインキュベート)は、同社の「Samurai Incubate Fund6号投資事業有限責任組合」を通じ、Webeyez Analytics Ltd.(以下、Webeyez社)に対して出資・成長支援を行うことを決定した。

Webサイト内のテクニカルエラーを特定し、売上棄損額を可視化

最近ではEC市場が成長する一方、技術的パフォーマンスの課題による売上棄損額も増大している。たとえばページ読み込みに時間を要して直帰率が増加するといった課題は、スムーズな事業運営の妨げとなる。

そうした課題に対するソリューションを提供しているのが、イスラエルのカイザリアに本社を置くWebeyez社。2013年設立の同社によるSaaS「Webeyez」では、ECサイトなどのWebサイト内で起こるテクニカルエラーを特定し、売上棄損額もリアルタイムに可視化する。

また、従来はエンジニアがその都度アクセスしていた定量データをダッシュボードに表示するため、事業責任者やマーケターが簡単に状況を把握できることもポイントだ。社内共通のコミュニケーションツールとして、スピーディーな意思決定に貢献するものとなっている。

2014年からイスラエルスタートアップへの支援を継続

サムライインキュベートは2014年にイスラエルへ進出して以来、同国スタートアップへの支援を継続。前述の「Samurai Incubate Fund6号投資事業有限責任組合」の投資対象領域は、物流やヘルスケアなど多岐にわたる。

Webeyez社のCEOであるウリ・シュトラウス氏は、今回投資を受けることを決めた理由のひとつとして、サムライインキュベートチームのリーダーシップを挙げている。同チームは、アーリーステージのイスラエルスタートアップの中で高い評価を受けているようだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報