海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech インペリアル・カレッジ・ロンドンが都市の大気汚染を軽減するシステムを開発

Tech

インペリアル・カレッジ・ロンドンが都市の大気汚染を軽減するシステムを開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Credit: Imperial College London/ Tylor & Francis Online

大気汚染が世界的な課題となっている。大気の質低下から生じる健康上の影響は、交通量の多い大通りの近くに住む人々(低所得コミュニティの可能性が高い)や、汚染物質が溜まりやすい地面の近くにいる子どもたちでより深刻だ。

こうしたなか、インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者らは、気流モデリング技術を用いて排気ガスによる汚染物質の悪影響を軽減するソリューションを考案している。

道路沿いに湾曲した構造を設けて汚染物質を分散

研究からは、道路脇にガードを設けることで汚染物質の渦が発生し、歩行者スペースの大気の質を悪化させる可能性があることが示された。

そこで研究者らは、汚染物質の渦の影響を緩和する都市設計を模索。高速道路沿いの湾曲した防音壁に触発された壁を考案している。

研究者らは、湾曲した構造が汚染物質を効果的に分散させ、歩行者スペースの大気の質を低コストで迅速に改善することを発見した。

騒音軽減や都市の緑化にも貢献

また湾曲した壁は、大気の質だけでなく騒音も軽減する。さらには、壁内に緑地を設けることで都市の緑化に貢献できる。

この研究プロジェクトは、今子どもたちを守るためにできることを考案しようとのきっかけで始動たものだ。

研究プロジェクトを率いるTilly Collins博士は、将来的な排気ガスの削減に重点を置く対策のあり方に疑問を呈しており、「科学者、都市設計者、建築家が協力してソリューションを設計し、地域規模でのより効果的かつ迅速な大気の質の改善を実現」するよう訴えている。

参照元:Imperial researchers develop roadside barrier design to mitigate air pollution/ Imperial College London
Shape matters: reducing people’s exposure to poor air quality using sculpted infrastructure elements/ Tylor & Francis Online
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報