海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech サイモンフレイザー大のリモート医療ロボットは医療従事者をサポートする!

Tech

サイモンフレイザー大のリモート医療ロボットは医療従事者をサポートする!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Image: Adobe Stock

将来的には医療ロボットがリモートでユーザーのバイタルをチェックし、薬の処方すら行うかもしれない。

サイモンフレイザー大学の研究チームは、そんな将来を見越してリモート医療ロボットを開発している。同ロボットは、医師や看護師の仕事をサポートすべく、ユーザーの生理学的信号の測定を担う。

2種類のロボットで生理学的信号を測定

研究チームは、ユーザーの生理学的信号を測定するロボットとして、ロボットアームとヒューマノイドの2種類をテストした(2種類のロボットは動画で確認できる)。

3Dプリントにて制作された折り紙構造のロボットアームは、指の先端に電極を備えている。手で触れることで、心拍、呼吸数、体温、筋電といった生理学的信号の測定が可能だ。また、ヒューマノイドは血中酸素濃度をモニタリングし、新型コロナ患者のモニタリングなどで利用できるとのこと。

データはリアルタイムでモニタリングできる

測定で得たデータはモニターにリアルタイムで表示することも、医療従事者に送信することもできる。

現段階では、ロボットは患者の情報を受動的に収集するのみ。ただし今後10年以内には、人工知能を搭載したヘルスケアロボットが登場し、患者との対話による問診や、収集したデータを処理して薬の処方につなげる可能性があるという。

研究チームは次のステップとして、ヘルスケアの専門家の協力を仰ぎ、ロボットのさらなる開発とテストを進める計画だ。

参照元:Sensing robot healthcare helpers being developed at SFU/ SFU New
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報