海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

‎Notification フィラデルフィア国際空港で、搭乗待ち客にロボットでフードデリバリーするサービス開始

‎Notification

フィラデルフィア国際空港で、搭乗待ち客にロボットでフードデリバリーするサービス開始

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米フィラデルフィア国際空港で、箱型のデリバリーロボットが稼働し始めた。新型コロナウイルス感染症対策として、人同士の接触機会を減らすことが目的だ。

空港内の飲食店から搭乗ゲート前まで配達

フィラデルフィア国際空港では、スマートフォンから空港内の飲食店にデリバリー注文できるシステム「OrderAtPHL」を、すでに運用している。

客から受けた注文の品を空港内の指定の場所に、配達員が徒歩で運ぶというのがこのシステムだが、2月22日から、これにロボット配達のオプションが加わった。

使われるロボットは米Piaggio Fast Foward社の製品「Gita(ジータ)」。最大40ポンド(約18kg)までの荷物を運べる、シンプルな箱型ロボットで、光学センサーやBluetoothを利用して人について回ることができる。

残念ながら独立して動き回ることはできず、配達員に先導されて走行するだけだが、注文した客は配達員と全く接触せずに品を受け取れる。

求められる非接触の受け取りオプション

「お客様が、注文品を受け取る時に、人とのやり取りをどの程度するのかを自分で選択する……それが、Gita(ジータ)のおかげで可能になりました」同空港のショップマーケティングとカスタマーサービスを担当するMegan O’Connell氏は、ニュースリリースの中でこう言っている。

ワクチン接種は開始されたものの、新型コロナウイルス感染症の収束(あるいは終息)にはまだ長い時間がかかるとする意見が一般的だ。フィラデルフィア国際空港では、今後も人との接触を望まない利用客が増え続けると考え、Gitaを導入したとのこと。

今回の導入は試験的な段階。今、利用客からのフィードバックを集めており、評判が良ければ本格導入に踏み切るようだ。

PHL Newsroom
gita
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報