海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 広島・宮島の大聖院を舞台とするアートイベントをオンラインで体験しよう

Tech

広島・宮島の大聖院を舞台とするアートイベントをオンラインで体験しよう

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
広島県・宮島にある寺院で最も歴史が深いといわれる大本山大聖院にて、アートと歴史文化をかけ合わせたイベント「menewal edition zero」が2021年2月20日~23日に開催された。そして24日からはオンライン展示をスタート。リアルイベントで展示された2つの作品と、360°VRで再現した会場を楽しむことができる。

VR会場を自由にめぐろう

オンライン展示では、空間を丸ごとキャプチャできる「Matterport」を用いて展示会場を360°VRで再現。会場内を自由に動き回りながら、展示作品をはじめ掛け軸や仏像なども見ることもできる。また、オンラインショップでは、イベントオリジナルグッズやT シャツなども販売中だ。

展示作品のひとつがコラージュアーティストの河村康輔氏による『Three』。全国唯一の鬼神「三鬼大権現」を、1枚のイメージをカットアップし再構築するコラージュ技法で仕上げた作品だ。

もうひとつは、映像クリエイター集団のCOSMIC LAB とサウンドデザイナーのJEMAPURが手がけたオーディオヴィジュアル『decode』。大聖院・弥山の時空間を拡張させたXR映像と現地でレコーディングしたハイパーソニック・サウンドを融合させた作品となっている。

加速する「あたらしいツーリズム」

同イベントは、新たな安全・安心な旅のスタイルを普及・定着させ「旅行需要の回復」「地域経済の活性化」などを推進する観光庁の「あたらしいツーリズム」の一環で開催されている。

以前Techable(テッカブル)でも取り上げた、夜の鳥取砂丘でARを活用して月面を体験するという実証実験も「あたらしいツーリズム」の一環だった。ニューノーマル時代を迎え、最先端テクノロジーなどを駆使した新たな旅のスタイルが生まれてきているようだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報