海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 地域の魅力発信ARアプリ「ええR」に、日本遺産・日根荘が登場!

Tech

地域の魅力発信ARアプリ「ええR」に、日本遺産・日根荘が登場!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ユーザックシステム株式会社は、自治体向けの観光促進ソリューションとしてARアプリ「ええR」を提供している。そしてこのたび、大阪府泉佐野市からの委託を受けて、日本遺産・日根荘の魅力を楽しめるARアプリを企画・開発。

「変わらない風景-日本遺産・日根荘旅引付と二枚の絵図が伝えるまち―中世日根荘の風景」と題したアプリで800年前の色鮮やかな日本の原風景を呼び起こす。

おすすめスポットでAR記念撮影

同アプリは、日根荘の魅力を湛える日根野・大木・土丸地区をめぐりながら、田畑へ水を供給する井川やため池など、歴史ある風景を楽しんでもらおうというものだ。

アプリ内の地図にあるマーカーの場所に行くと、コンテンツや写真・動画映像が表示される。見どころは、日根荘に関連する16カ所のスポットと、有名人と2ショット撮影ができるスポットなど。ちなみに、ドランクドラゴンの塚地さんや国木田かっぱさん、アニメ人気声優4名の登場が予定されているとのことだ。

また、日根荘を描いた2枚の鎌倉時代の荘園絵図がパズルになっている。現地スポットをめぐってピースをめくり、絵図が完成したら日本遺産日根荘推進協議会(泉佐野市文化財保護課)または歴史館いずみさのにてプレゼントをもらえるという(限定300個)。

「ええR」とは?

今回のARアプリは、先述の「ええR」のひとつとして提供されている。「ええR」では、各自治体や地域の文化・資源などにあわせ、ARや3DCGを駆使したオリジナリティあふれるアプリを多数提供中。

例えば、兵庫県「明石城」の3DCGをメインとしたアプリ「明石城巡り」や、街歩きをしながら消失した石川県の「小松城」の痕跡をたどる「小松 公式ガイドアプリAR」、奈良県にある日本三大山城のひとつ「高取城」の魅力発信には、詳細な高取城のCGとARを組み込んだパンフレットを制作し、アプリをインストールしたスマートフォンをパンフレットにかざすと3DCGが表示されるという試みも実施している。

また、「ええR」を通じて、各地域ならではのクイズやスタンプラリー、グッズ購入なども展開し、地域住民と観光客に新たな楽しみを提供しているという。地域の資源を見直し、地域にあったPR方法を提供できるのが同社の強みといえるだろう。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報