海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「明るい兆しも見え始めた」2020年リファービッシュスマホの最新調査が発表。

Tech

「明るい兆しも見え始めた」2020年リファービッシュスマホの最新調査が発表。

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
我々の生活環境の一変により、様々な業界が激動した2020年。カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチは、リファービッシュスマートフォンに関する最新調査を発表した。

2020年通期では市場が縮小

リファービッシュとは、「整備済み」という意味で、初期不良などで返品されたスマートフォンを修理、整備して販売しているものだ。カウンターポイント社によると、リファービッシュスマートフォンのグローバル市場は2020年に9%縮小したという。

2020年の上半期は、2019年上半期と比較して16%の大幅下落となった。その後、Appleの新商品のiPhoneの販売増加が二次流通市場にもプラスに働いたことにより、2020年下半期の市場は小幅に持ち直したという。しかし、2020年通期でみると、世界の主要市場全てにおいて、主に新型コロナウィルスに起因する市場の縮小がみられた。

同社シニアリサーチアナリストのGlen Cardoza氏は、二次流通市場について次のように述べている。「COVID-19によるロックダウンと経済の冷え込みによって、2020年の新品スマートフォン販売もまた9%下落した。これは、買い替えが減ったことを意味している。またこの影響を受けたことで、二次流通市場に回るスマートフォン台数も減少したと思われる。新型コロナウィルスの流行により、多くのスマートフォン利用者が新規デバイスの購入を諦めたり、延期したりしたのだろう。主要な二次流通市場であるインドと中南米では、厳しいロックダウンが延長された影響で、2020年の上半期に市場はそれぞれ20%と24%の下落が生じている」。

スタートアップには勢いが

一方で、明るい兆しも見え始めている。同氏は「リファービッシュスマートフォンのエコシステムの中には、明るい材料もいくつかある。例えば、Appleは二次流通市場で成長を遂げ、同社のシェアは39%から42%へと増加した。さらに、流通市場に新興のスタートアップ企業も成長を遂げている。例えば、2014年創業のリファービッシュスマートフォン販売サイトを運営するフランスのスタートアップであるBack marketや、2019年創業のRecommerceなどだ」と述べる。

新型コロナウィルスの影響は未だ深刻だが、Appleのブランド力やスタートアップ企業など着実に回復傾向も現れ始めたようだ。

PR TIMES
Counterpoint Research
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報