海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 夜間でも鮮明な視野を確保!独自暗視システムを搭載したドライブレコーダー「Lanmodo Vast Pro」

Tech

夜間でも鮮明な視野を確保!独自暗視システムを搭載したドライブレコーダー「Lanmodo Vast Pro」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、技術の進歩で車には安全運転をアシストするさまざまな機能が搭載されている。今回紹介する「Lanmodo Vast Pro」は、その安全をさらに確保するのに役立つドライブレコーダー。

夜間、そして霧や雨といった肉眼では視野が十分確保できない天候下で、スクリーンに鮮明に前方を映し出し、リスクをいち早くキャッチするのに役つ。

300メートル先を可視

Lanmodoはダッシュボードやフロントガラスに取り付け可能なドライブレコーダーで、最大のセールスポイントは安全サポートシステムだ。

ソニーのCMOSセンサーを搭載し、HD画質で前方の映像をとらえる。日中はもちろん、独自のナイトビジョンシステムによって夜間でも鮮明に映し出し、なんと300メートル先まで映し出せる。通常ハイビームが届くのは80メートルほど。つまり「見えない」ところを可視化する。

衝突時の映像は個別保存

もちろんスクリーンに映し出すだけでなく、ドライブレコーダーとして24時間撮影もでき、画質はフルハイビジョンの高画質だ。万一衝突した場合、搭載するGセンサーが感知して、衝突時の映像を個別にマイクロSDカードに保存する機能もある。

また、Lanmodoにはオプションでアリアカメラも用意されていて、設置するとギアをバックに入れたときに自動でスクリーンに後方の映像を映し出す。最近の車にはカメラが搭載されていることが多いが、それでもLanmodoのカメラは170度とかなり広角で、殊更注意を要する状況で特に重宝しそうだ。

LanmodoはクラウドファンディングサイトMakuakeにこのほど登場したところ、あっという間に目標額を達成。記事執筆時点の価格は2万9960円(税込)〜となっている。リアカメラとのセットは3万5880円(税込)〜だ。いずれもマイクロSDカード(128GB)が付いてくる。

運転をより安全なものにしたい人は要チェックのLanmodoの出資期限は4月21日で、5月末までに配達される見込み。

Lanmodo Vast Pro/Makuake
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報