海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech キヤノンの自治体向け「映像空間ソリューション」、第1弾を公開へ

Tech

キヤノンの自治体向け「映像空間ソリューション」、第1弾を公開へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年、日本各地の自治体では、歴史・文化資源などを活用した魅力発信のニーズが高まっているという。これを受け、キヤノン株式会社は、歴史・文化資源を活用して地域の魅力を発信する自治体向けの「映像空間ソリューション」を開発。

第1弾として、大阪府堺市が2021年3月13日にオープンする「百舌鳥古墳群ビジターセンター」内に体感型映像空間を構築した。

先端技術×表現力で高没入感を演出

「映像空間ソリューション」では、光学技術・映像技術・画像処理技術などの「先端技術」と、クリエイターの「表現力」を組みあわせた映像コンテンツの企画・撮影・制作をはじめ、上映機材の導入や視聴環境の構築などを提供する。

同社が有するレンズ・カメラ・プロジェクターなどの入力から出力までの幅広い映像関連機器や画像処理などを組みあわせることで没入感の高い映像空間を創り、地域の魅力発信を支援していこうというのだ。

まずは自治体の公共施設への提供を進めていき、将来的には駅や空港などの交通施設、商業施設、テーマパークなどさまざまな施設や業種に向けた提供を目指すという。

第1弾の公開決定!

「映像空間ソリューション」第1弾は、世界文化遺産「百舌鳥・古市古墳群」の空撮映像や、高精細に撮影した堺市の歴史・文化資源の映像を体感できる空間。仁徳天皇陵古墳の南側(大仙公園)にオープンする「百舌鳥古墳群ビジターセンター」内で公開される。

ここでは、8K業務用カメラやデジタルシネマカメラ「EOS C500 Mark II」、ミラーレスカメラ「EOS R5」などを用いて撮影された映像を使用。さらに9K相当の映像になるよう画像処理を施し、ネイティブ4Kプロジェクター「4K5020Z」3台で約14.3m×約3.3mの曲面スクリーンに(マルチ投写)するほか、床面にも映像を投写することで没入感の高い映像空間を実現している。

また、密を避けた施設運営をサポートするため、ネットワークカメラを用いて映像空間内の混雑状況をリアルタイムにモニタリングし、密集度をアラートで通知する「密集アラートソリューション」も併せて導入しているようだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報