海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 3月9日オープン! オンラインで楽しめる「3Dヱビスビール記念館」

Tech

3月9日オープン! オンラインで楽しめる「3Dヱビスビール記念館」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
サッポロビール株式会社は、ヱビスビール記念館を3Dで再現し、展示物や解説などをオンラインで楽しめる「3Dヱビスビール記念館」を2021年3月9日にオープンする。

ヱビスの歴史やトリビアなども

「3Dヱビスビール記念館」では、3Dで再現された施設内にあるポイントをクリックすることで、まるで館内を歩いているかのような見学体験が可能。展示物の鑑賞やポップアップで表示される展示説明の閲覧のほか、ヱビスのおいしい楽しみ方を知ることもできるようだ。

また、本来はヱビスビール記念館への来場者だけが体験できたブランドコミュニケーターによるヱビスツアーの内容も一部盛り込み、130年を超えるヱビスの歴史やトリビアを楽しむこともできるという。

さらに、見学時にヱビスのCM楽曲『第三の男』を再生したり、3D空間を操作しながら動画を視聴したりもできるとのこと。

バーチャルデータ取得も可能

「3Dヱビスビール記念館」は、サッポロビールと株式会社EBILABが共同開発したものだ。なお、両社にとってミュージアムの3D化は初の試み。

EBILABは、伊勢神宮のおはらい町の老舗食堂「ゑびや」の経営メソッドから生まれたシンクタンク。飲食業界および小売業界向けに店舗分析ツール「TOUCH POINT BI」などの分析サービスを提供し、運営の最適化をサポートしてきた。最近では、飲食店における「混雑予報AI」や遠隔接客システムの「WEB来店」、空間や建物内の「3D構築」などの新規事業も立ち上げている。

「3Dヱビスビール記念館」において、EBILABならではといえるのが、同館の来場者の導線や興味を持ったコンテンツなどのデータをMicrosoft社が提供するパブリッククラウドサービス「Azure」に格納し、分析できるということだろう。今後は、リアルデータとバーチャルデータを融合させた新商品の開発などを通じてサッポロビールブランドのさらなる向上に貢献したいとしている。

PR TIMES(サッポロホールディングス株式会社)
PR TIMES(有限会社ゑびや)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報