海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech CAD不要、ペンで描くだけで3Dグラフィックが作成できる「Gravity」

Tech

CAD不要、ペンで描くだけで3Dグラフィックが作成できる「Gravity」

少し前は、2Dのグラフィックがほとんどだったが、今や3D化が当たり前になっている。映画も3D版が上映されているし、3Dプリンターという新技術も身近になってきた。しかし、3Dのグラフィックを作成するとなると、これまではCA...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Gravity少し前は、2Dのグラフィックがほとんどだったが、今や3D化が当たり前になっている。映画も3D版が上映されているし、3Dプリンターという新技術も身近になってきた。しかし、3Dのグラフィックを作成するとなると、これまではCADを使用することが一般的であるものの、特殊な知識が必要で、限られた人にしか取り扱えないものだった。

そんな敷居を低くしようと、どんな人でも容易に3Dコンテンツを作成することができるツール「Gravity」が開発されている。これには、AR(Augmented-Reality、拡張現実)の技術が導入されているという。

ユーザーはまず、「Gravity」のペンと、水平なパッド、それにAR対応のメガネを用意する。後は自由に、パッド上の空間でペンを使って線を描くだけ。先ほど描いた線とは異なる面に、新たに線を書き加えることもでき、それらをドッキングさせて、多角的な物体を作成することも可能になっている。

Gravity2例えば、最初の面上では“壁”を、次の面上では“床”を、また別の面上では“屋根”を描き、最後に合体させて立体物の“家”を完成させるといった具合。描いた線や物体は、回転させたり、書き加えたりできる。

このツールは、スクリーンやコンピューターに縛られず、持ち運び可能であるメリットのほか、ARメガネを装着していれば、メンバーの誰でも作成物を目視して共有することができ、お互いのアイデアを目に見えるものとして、わかりやすく提示できるのが強みだろう。

手書き感覚でペンを使って描き、形を整えるだけというお手軽さ。3Dの専門グラフィッククリエイターでなくても、自分のアイデアを3D化して、相手にプレゼンできるようになる利点は大きいはずだ。

Gravity
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報