海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ライス大、太陽光パネルにも使えるカラフルなスマートガラスを開発!

Tech

ライス大、太陽光パネルにも使えるカラフルなスマートガラスを開発!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Credit: Yilin Li/Rice University

屋根などに取り付けられる一般的な太陽光パネルは機能的な反面、あまり見た目が良いとはいえないだろう。太陽光を効率よく吸収するためはこれ以外ない……と考えられていた設置位置やデザインは、ライス大学の研究者が開発したソリューションによって一変するかもしれない。

研究者は、光エネルギーを収集するためのスマートガラスを提案している。カラフルな「発光太陽集光器(LSC)」は窓にも取り付けられるという。

カラフルなアートワークも施せる

Credit: Yilin Li/Rice University

研究者によるスマートガラスは特定の波長の光を吸収して、裏打ちした太陽電池に導くように設計されている。透明に保ちつつ赤外線と紫外線からのエネルギーを変換。パネルにパターンをプリントすることもできて、ステンドグラスのようなアートワークも施せるとのこと。

技術の要は中央レイヤーに利用されている導電性ポリマーにある。この材料は基本的に赤色光を吸収して放出するが、分子成分を調整することで、さまざまな波長の光を吸収できるようになる。また、あらゆる方向からの光を受け入れられ、放出を制限できるようだ。

屋内と屋外の光を利用できる

Credit: Yilin Li/Rice University

エネルギー変換効率は一般的な太陽光パネルに劣るものの、窓にも貼れるため太陽光と屋内の照明どちらもエネルギーに変換できるとの強みがある。

スマートガラスをテストしたところ、太陽光で最大2.9%、LEDライトで3.6%のエネルギー変換効率を示したという。

今の段階では、材料の分解しやすい性質が課題となっているようで、今後研究者はスマートガラスの安定性と光学特性の改善を目指す。

参照元:Rice engineers develop polymer cores that redirect light from any source to solar cells/ Rice University
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報