海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech マルチディスプレイ対応の新モデル! スマートワークブース「TELECUBE エントリー」

Tech

マルチディスプレイ対応の新モデル! スマートワークブース「TELECUBE エントリー」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ブイキューブグループのテレキューブ株式会社は、個室型のスマートワークブース「TELECUBE(テレキューブ)」の新モデル「TELECUBE エントリー」の販売を開始した。

前モデルの「TELECUBE」は2017年の発売以降、JR東日本の「STATION BOOTH」に採用されるなど2,000台以上が導入されている。今回の新モデルは、従来と比べ素材・構造の簡略化を図り、低価格での提供を実現するとともに、より便利で快適な空間を提供するという。

便利で快適な作業空間

「TELECUBE エントリー」は、テーブル・イス・電源コンセントなどを備えた個室型空間。天井照明にくわえて、左右のフロントコーナー部に設置したLED照明がWeb会議などの際に映る顔の表情を鮮明にしてくれるという。また、オプションの壁付液晶モニターを活用すれば、マルチディスプレイ環境が整い作業効率向上に期待できる。

約1分で室内の空気が換気されるという通気性と優れた遮音性により、快適で静かな環境で作業に集中できるのもポイント。可動式ブースということで、住宅用自動消火装置を搭載し、消防法による防火対象物へもスプリンクラー工事なしで設置が可能となっている。

同製品の販売は「TELECUBE エントリー販売店会」による代理店販売とのこと。

公共空間の「TELECUBE」拡大へ

先日、JR東日本のシェアオフィス事業「STATION WORK」の「STATION BOOTH」において、「TELECUBE」の採用を拡大することが発表された。

「STATION BOOTH」は、東北信越エリアから都心エリアまで広域展開し、新たにフィットネスジム「JEXER 新宿」やコンビニ、カフェなどへの設置が決定している。2021年度に100カ所、2023年度までに1000カ所での展開を目指しているとのことだ。

また、ブイキューブグループによる私鉄各社の駅、空港、オフィスビルへの大規模な「TELECUBE」展開も順次実施・計画中。

このように、公共空間に設置される「TELECUBE」は、スマートフォンから場所の検索・予約を行い、QRコードで解錠して利用することができるとのこと。

PR TIMES(TELECUBE エントリー)
PR TIMES(STATION BOOTH)
テレキューブ株式会社
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報