海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Start Up 建設現場もテレワーク、不整地運搬車をスマホで操作する実験に成功

Start Up

建設現場もテレワーク、不整地運搬車をスマホで操作する実験に成功

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
デジタル技術を建設現場に導入しようというスタートアップ企業がある。東京大学の支援を受けて卒業生が設立したARAV(株)だ。

この会社が最近、山奥の現場などに資材を運び込む不整地運搬車を、12km離れた場所から問題なく遠隔操作できることを証明した。

インターネット経由、スマホで操作

実験は、建設機械メーカー(株)諸岡の試験開発・デモセンター「Ami R&D Center」で行われた。ここには、登り、下り、傾斜40度の急勾配や軟弱地盤など、様々な工事現場を再現したテストコースがある。

実験車となったのは、同社が製造する最大級の不整地運搬車(キャリアダンプ)「MST-2200VD」。もとも電子制御で動くこの運搬車に、ARAV(株)が開発した遠隔操作システムが組み込まれ、約12km離れた(株)諸岡の本社から運転操作が行われた。

この遠隔操作システムは、スマホのデータ通信とインターネットを利用したもの。発表されているニュースリリースによれば、前後左右の走行操作やエンジン回転数の調節、ダンプの昇降、警告音やライトの点灯など、あらゆる操作がスマホのタッチスクリーンで出来るとのこと。

今回の実験では、200mのテストコースを走行。12km離れた場所からも、車載カメラの映像を見ながら問題なく運転操作できることが確認された。

気になるのは、スマホの操作が実際の運搬車に反映されるまでの時間だが、(通常の4G環境で)時差は約0.3秒だったそう。

建設現場もテレワークへ

建設現場では、現在でも、危険な工事の際にラジコンによる重機の操作が行われているが、せいぜい数100メートル離れた場所からというのが限界らしい。

ARAV(株)の遠隔操作システムはインターネットを使うため、携帯電波が届くなら「数千キロ離れた場所からの遠隔操作も可能」だという。つまり、北海道の現場作業を九州で行うということも、あり得るわけだ。本格的なテレワークの波が、建設の現場にも訪れそうだ。

PR TIMES

株式会社諸岡とARAV 株式会社の共同ニュースリリース
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報