海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech VR特化型国際映画祭「Beyond The Frame Festival」開催! バーチャル会場も魅力的

Tech

VR特化型国際映画祭「Beyond The Frame Festival」開催! バーチャル会場も魅力的

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CinemaLeapがVRコンテンツ配信プラットフォーム「VIVEPORT」上で開催するVR特化型国際映画祭「Beyond The Frame Festival(BTFF)」が2021年2月12日にはじまった。2月21日までの期間、国内外から集結した選りすぐりのVR映画を自宅で楽しめる。

また、BTFF開催とともにオープンしたバーチャル会場では、スマートフォンやPCからアクセスでき、全作品やイベントスケジュールを見ることが可能だ。

無料作品も多数

BTFFの作品はすべてVIVEPORT上で視聴可能。VRデバイスはもちろんスマートフォンやPCで楽しめる作品もあるようだ。また、一部作品はVR動画配信サイト・モバイルアプリ「VeeR」上でも楽しむことができるとのこと。

配信ラインナップには、FREE作品と∞(インフィニティ)作品がある。FREE作品を選択するとページ上の「カート」に追加され、「チェックアウト」を押すとアカウントライブラリに入る仕組みだ。

インフィニティ作品は、「ダウンロード」から「保存する」を選択するとアカウントライブラリに追加される。インフィニティ作品は「VIVEPORTインフィニティ」に登録していれば無料視聴可能だ。

無料で見られる作品のなかには、伊東ケイスケ監督による『Beat』や、創作活動における「疑念」にフォーカスしたインタラクティブな作品『IL DUBBIO』などがある。また、VeeR内の「Beyond the Frame Festival」プレイリストで楽しめる360度VR作品として配信される、『呪怨』シリーズを手がけた清水崇監督のVRホラー『おうちに行こう』や、すべてのシーンを宇宙で撮影したという4部作の1作目『Space Explorers: The ISS Experience』などにも注目したい。

バーチャル会場へ行ってみた

このたびVIVEPORT上にオープンしたバーチャル会場は、どこか映画館の通路を連想させるような設計だ。細長い廊下の壁には配信される作品のポスターが貼られ、インフォメーションボタンを押すと詳細情報を見られる。

廊下の突き当りにある空間には大きなモニターがあり、イベント情報が映し出された。日毎に違うゲストたちがVR映画の可能性などについてトークセッションを繰り広げるようだ。なお、終了したイベントについてもアーカイブを配信している。

BTFFは、自宅から気軽に新感覚の映像体験ができるいい機会になりそうだ。興味のある方はこちらから。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報