海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 恐竜の実写映像!? 360度高解像度のプラネタリウム型ドーム映像を上映

Tech

恐竜の実写映像!? 360度高解像度のプラネタリウム型ドーム映像を上映

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社IMAGICA GROUPは、株式会社IMAGICA EEX、株式会社ロボット(ROBOT)、コニカミノルタプラネタリウム株式会社、株式会社ON-ART(オンアート)と共同で、プラネタリウム型ドームシアター映像コンテンツ「LOST ISLAND DINO-A-LIVE(ロストアイランド ディノアライブ)」の上映実証実験を実施する。

同実験は、2021年2⽉21⽇にコニカミノルタプラネタリアTOKYO(有楽町マリオン 9階)にて実施予定。抽選で100名を上映会に無料招待するという。

なお、この実験は⽂化庁委託事業「⽂化芸術収益⼒強化事業」の⼀環として実施される。

4Kフル解像度のドーム型映像

近年、映像のデジタル化が進み、没入感の高い360度のスクリーンに高解像度のドーム型映像を映せるということで、プラネタリウムのドームシアターとしての活用に注目が集まっているようだ。

そこで、リアルな恐⻯が登場するライブショー「DINO-A-LIVE」を企画するオンアートのノウハウと、IMAGICA GROUP、EEX、ROBOTのもつクリエイティビティとテクノロジーを融合し、新しいかたちのライブエンタテインメントの可能性を追求する同実験を実施。⽂化芸術収益⼒の強化・向上に貢献していこうというのだ。

上映される「LOST ISLAND DINO-A-LIVE」は、最新8Kカメラでの撮影による4Kフル解像度のドーム型映像。360度の空間全体を包み込む⼤迫⼒映像が高い没入感を実現するという。

抽選で100名を招待

上映スケジュールは、13:20~14:00、14:40~15:20、16:00~16:40、17:20~18:00の4回(受付は開始10分前から)。各回25名、計100名を抽選で無料招待するとのこと。

鑑賞希望者は特設サイトから(応募締め切りは2月14日)。

ちなみに、IMAGICA GROUPは、Hidden Stereo技術を用いて2D・3D同時視聴を可能にする大型映像コンテンツ「発見!南極に恐竜がいた!」を2021年2月28日に豊橋市自然史博物館にて上映予定。これも「文化芸術収益力強化事業」の一環のようだ。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報