海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech スマホカメラで翻訳できる「Word Lens」が無料提供中、Googleによる買収を記念

Tech

スマホカメラで翻訳できる「Word Lens」が無料提供中、Googleによる買収を記念

スマートフォンのカメラを看板などにかざすと、そこに書かれた文字を別の言語にリアルタイム翻訳してくれるアプリ「Word Lens」。通常有料のサービスが現在、無料で提供されている。 Word Lens開発元のQuest V...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Word Lens2スマートフォンのカメラを看板などにかざすと、そこに書かれた文字を別の言語にリアルタイム翻訳してくれるアプリ「Word Lens」。通常有料のサービスが現在、無料で提供されている。

Word Lens開発元のQuest VisualがこのほどGoogleに買収されたのを記念したキャンペーンで、6カ国語と英語が相互翻訳できるパック(通常3000円)が無料で利用できる。

対応する言語は、フランス語、スペイン語、ロシア語、イタリア語、ドイツ語、ポルトガル語。いずれも英語との翻訳ができる(英語以外の言語間での翻訳は未対応)。

残念ながら日本語には対応していないが、今回Googleが買収したことで、対応言語が今後さらに広がり、また活用方法の幅が出てくることも期待できる。

Word Lens活用法としては、海外旅行が真っ先に挙げられるだろう。看板やメニューをスマホのカメラでとらえるだけなので、辞書で単語をいちいち調べるより素早く意味を理解できる。ネットワークに接続していなくても利用できるというのもユーザーフレンドリーだ。

また、このアプリのすごいところは、例えば看板を読み取るとき、その看板のデザインや背景などはそのままに、文字だけを置き換えてくれること。まさに、翻訳レンズとして使える。ただし、手書きには対応しない。

アプリはApp StoreやGoogle Playでダウンロードできる。

Quest Visual
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報