海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech ハウステンボスに新エリア! 7つのデジタルアトラクションが今春オープン

Tech

ハウステンボスに新エリア! 7つのデジタルアトラクションが今春オープン

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ハウステンボスは、7つの最先端デジタルアトラクションを集結させたリアルとデジタルが融合する新エリア「光のファンタジアシティ」を2021年3月20日にオープンする予定だ。

花・海・宇宙などのコンセプトのもと設計された各アトラクションを手がけたのはNAKED, INC.や株式会社スクウェア・エニックスなど。美しく鮮やかな空間で触れて、聴いて、香るという新たな体験を提供していく。

非日常を演出するアトラクション

早速、7つのアトラクションを紹介していこう。

光の花を作る秘密の研究所「フラワーファンタジア」では、さまざまな実験を体感しながら光の花畑を目指す。そこには訪れた人によって変化する、その瞬間しかない花畑が広がる。映像・音・香りが混ざりあい、特別な癒やしの空間を五感で楽しむことができるという。

「海のファンタジア」は、普段見ることのない深海を光で包んだアトラクション。海の神秘を感じながら、自分で自由にクラゲを生み出せる空間もあるようだ。また、長崎 五島の海の中を表現したコンテンツも用意されている。

近未来の宇宙センターをイメージした「宇宙のファンタジア」では、調査員の一人として宇宙へ飛び立ち、太陽系を越え、銀河の世界を巡る旅に出られるという。

休憩するなら「森のファンタジアカフェ」。ドリンクをオーダーし、デジタルの森に入ると、秘密の果実がなる桜彩ツリーや置いたグラスに反応して花が咲くテーブルなどが癒やしのひとときを演出してくれる。

「アスレチックファンタジア」は、スクウェア・エニックスが開発したデジタルとアスレチックが融合する「YOKERO」で迫りくる光をとにかくよけるアクティブ空間。また、頭上には高さ4mのネットエリアもあるようだ。

そのほか、重厚なダンスオルガンと壁面のプロジェクションマッピングで描かれる愛の物語を鑑賞できる「アートファンタジア」や、日本に数台しかない貴重なカロヨン(組鐘)が奏でる音と光がシンクロする未来の音楽体験ができる「カロヨンファンタジア」がある。

VRアトラクションにも注目!

「光のファンタジアシティ」と同時にリニューアルオープンする「VRワールド」も要チェック。恐竜が棲むジャングルの激流を下る「激流ラフティング~恐竜島の大冒険~」や、地上から宇宙へ急上昇し、感動的な浮遊体験のあと超絶スピードで降下する「ウルトラ逆バンジー~体感5Gの宇宙旅行~」のスリルは想像を絶するものだろう……。

このほか、すでに稼働している世界最強VRジェットコースター「VR-KING」や、450°の迫力ある映像空間の中で、光と音に合わせてビートを刻む「バハムートディスコ」とあわせ、ハウステンボスの誇るテクノロジーアトラクションを満喫してみるのもいいかもしれない。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報