海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech フラウンホーファー、バイクにも利用できる水素燃料「POWERPASTE」を開発!

Tech

フラウンホーファー、バイクにも利用できる水素燃料「POWERPASTE」を開発!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加

Credit: Fraunhofer IFAM

ガソリンやディーゼルエンジンなどは近い将来廃止されることになり、これに替わる候補の1つとして水素を動力源とする推進システムに期待が寄せられている。

燃料自動車やバスなんかはすでに公道を走っているのに対し、スクーターなどの小型モビリティに関しては推進システム置き換えに課題がある状況だ。

こうしたなか、フラウンホーファー研究機構・製造技術および先端材料(IFAM)部門の研究チームは、小型モビリティでも水素を動力源にできる技術を開発している。

水素を室温、大気圧で貯蔵できる

燃料自動車に搭載の高圧タンクをスクーターに搭載するのは現実的ではない。そこで研究チームは、「POWERPASTE」と呼ばれる技術をソリューションとして提示している。

水素化マグネシウムをベースにした粉末のPOWERPASTEは、水素を室温、大気圧で貯蔵可能。水と反応して水素ガスを生成する。

250℃まで分解しないため、炎天下に長時間さらされても安全。輸送も安価で簡単だ。

補充にも適しており、カートリッジを交換して水道水を注入するだけで済む。さらには主材料のマグネシウムはどこにでもある豊富な元素となっている。

高圧タンクより優れたエネルギー貯蔵密度

POWERPASTEのエネルギー貯蔵密度は700バールの高圧タンクよりも高く、ガソリンにも匹敵するという。

高圧タンクや冷却設備が不要なため水素ステーションなどの高価なインフラの替わりに、カートリッジの販売所だけ設ければ事足りる。小型モビリティだけでなく、大型ドローンの飛行時間延長などにも活用できるとのこと。

IFAMは現在、年間最大4tのPOWERPASTEを生産できる施設を建設中で、2021年中には稼働予定。POWERPASTEの普及が望まれる。

参照元:Hydrogen-powered drives for e-scooters/ Fraunhofer Institute
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報