海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech スマホと使うAIカメラ「Alice」は4K撮影対応、撮ってすぐにシェアも!

Tech

スマホと使うAIカメラ「Alice」は4K撮影対応、撮ってすぐにシェアも!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
近年スマートフォンのカメラの性能は向上しているとはいえ、TikTokやInstagramなどソーシャルメディア向けにもっとクリエイティブで高品質の写真やビデオを撮りたいという人もいるだろう。

そんなクリエイター向けのカメラがクラウドファンディングサイトIndiegogoに登場した。スマホと一緒に使う「Alice Camera」。4K撮影が可能で、しかも搭載する人工知能がベストな仕上がりにしてくれる。

ワイヤレス連動

Aliceはレトロなコンパクトカメラのような外観で、背面にスマホを設置し、スマホがカメラのビューファインダーになる。スマホに専用アプリ(iOS、Android)をダウンロードし、スマホとAliceをワイヤレス連動させることで、スマホから各種操作ができるようになる。

カメラの質としては、ソニーの4分の3センサーを搭載し4Kに対応。またAIチップと高解像度ビデオ処理に特化したFPGAチップも内蔵し、フォーカスや色などを自動調整する。

もちろんISOや絞り、撮影モードなどはマニュアル設定することも可能で、こだわりたい人のニーズにも対応。そしてマイクロフォーサーズのレンズなら何でも使え、またマウントを使うことでキャノンやニコンのレンズも活用できるようになり、レンズを取り替えることで撮影の幅がぐんと広がりそうだ。

撮ってすぐにアップ

本格的な撮影に加えて、そうした作品をスマホからすぐにソーシャルメディアなどに流せるのもAliceの特徴。

Aliceにはマイクなどの外部ハードウェアを取り付けるコールドシューも用意されていて、たとえば外部マイクでしっかり音を拾いながら音楽パフォーマンスのビデオを撮ってすぐにTikTokにアップする、という使い方ができる。

Alice は32GBのストレージを内蔵するほか、マイクロSDカードスロットもあり、データ容量を気にせず撮影できそうだ。

スマホの手軽さと一眼レフなどデジカメの高クオリティの両方を備えるAliceはIndiegogoに登場したばかりで、記事執筆時点の出資額は550英ポンド(約8 万円)〜となっている。資金調達に成功すれば今年10月に発送される見込みだ。

Alice Camera/Indiegogo
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報