海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech Razerが拡張性とRGB発光を備えたドック「Thunderbolt 4 Dock Chroma」発表!

Tech

Razerが拡張性とRGB発光を備えたドック「Thunderbolt 4 Dock Chroma」発表!

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
ゲーミングデバイスメーカーのRazerは、データ転送やディスプレイ接続などあらゆるニーズに応えるドック「Thunderbolt 4 Dock Chroma」を発表した。

搭載する10ポートで理想的なセットアップ環境を構築できるのに加え、1680万色に対応するライティング機能も搭載し、 他のRazer 周辺機器と同期させて好みの “雰囲気”を醸成することができそうだ。

デュアル4 K、シングル8K

ドックのポートの内訳は、まずThunderboltが4ポート。それからギガビットイーサネット、3.5ミリオーディオジャック、SDカードスロット、そしてUSB-A Gen 2が3つ。

高速のデータ転送が可能なのはもちろん、特筆すべきはデュアル4Kまたはシングル8Kビデオ出力に対応していること。複数の外部モニターを同時使用するシーンが多い人はかなり重宝するだろう。

ノートPCへの給電も

モニター以外にもノートPCを使う人もいるかと思うが、Thunderbolt 4 Dock Chromaにはパススルー出力の機能も搭載されていて、システムを充電しながらUSB-C経由でノートPCにも給電できる。出力は最大90Wだ。

また外部SSDをつないでストレージの確保が簡単にそして迅速に行え、UHS-Ⅱ SDカードリーダーではカメラのデータを素早く転送できる。

そして、Razer製品で特徴なのがライティングだが、Thunderbolt 4 Dock Chromaも名称にある通りChroma RGB発光に対応する。他のRazer周辺機器を持っている人はRazer Synapseでそれら周辺機器とドックを同期させて光らせることができ、オリジナル空間の演出に活用できそうだ。

Thunderbolt 4 Dock Chromaはすでに米国ではプレオーダーを受け付けていて、間もなく発売される見込み。日本での価格は4万8980円とサイトにあるがプレオーダー受け付けはまだのようだ。

Razer
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報