海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 高精細3Dスキャン用いた紀里谷和明監督の新作『新世界』のパイロット映像公開

Tech

高精細3Dスキャン用いた紀里谷和明監督の新作『新世界』のパイロット映像公開

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社CyberHuman Productionsは、映画監督の紀里谷和明氏が新たに手がける作品 『新世界』の制作に高精細3Dスキャンの技術で協力。このたび、俳優の山田孝之さん、GACKTさんが出演する同作のパイロット映像が公開された。

キャストをスキャニング

『新世界』は、映画『CASSHERN』『GOEMON』などを手がけてきた紀里谷和明監督が、最先端CG技術を生かし、これまで誰も見たことのない新しい表現に挑戦した作品。

2022年の公開を目指す長編に先駆け、このたびパイロット映像が公開された。なお、このパイロット映像の制作にあたり実施したMakuakeでのプロジェクトでは、約1,400万円の支援が集まったとのこと。

パイロット映像制作では、CyberHuman Productionsが有する高精細3Dスキャンの技術を用いて、出演者である山田孝之さんとGACKTさんをスキャニング。激しいアクションシーンやリアリティのある表情に注目してほしい。

パイロット映像(紀里谷和明氏コメントつき)はこちらから。

カムロ坂スタジオで新たな映像表現

CyberHuman Productionsは、「技術」と「人間」の融合を目指すクリエイター集団。出張型3DCGスキャンカー「THE AVATAR TRUCK」やスキャニングスタジオ、リアルタイム3DCG合成ができるバーチャル撮影システムなどを有し、AI・CGなどの技術とクリエイターのちからでクリエイティブの新しいステージを切り拓こうとしている。

今回のパイロット映像制作は、カムロ坂スタジオにて行われた。ここには、リアルタイムバーチャル撮影も可能なグリーンバックスタジオや3Dスキャンスタジオなど4つの撮影スタジオと編集・録音ルームがあり、ハイクオリティかつスピーディーな映像制作が可能となる。なかでも、2020年11月に導入された「LED STUDIO」は、巨大画面のLEDウォールとCG映像と組み合わせることで高精細なCG背景空間での撮影を可能にするようだ。

ちなみに、CyberHuman Productionsは、2020年12月にバーチャルタレント「Kizuna AI(キズナアイ)」のワンマンライブ「Kizuna AI 2nd Live “hello, world 2020”」の制作をカムロ坂スタジオで行っている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報