海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Mobile アップアニー、2020年の優れたアプリパブリッシャー52社を発表

Mobile

アップアニー、2020年の優れたアプリパブリッシャー52社を発表

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
米国のApp Annie(以下、アップアニー)は、「Top Publisher Award 2021」の結果を発表。2020年の優れたアプリパブリッシャー(アプリ提供企業)が選出されている。

トータル52社を選出して表彰

「Top Publisher Award」は、アプリ市場の成長に大きく貢献したパブリッシャーに対して贈られる賞だ。選出基準は、アップアニーのモバイル市場データプラットフォーム「App Annie Intelligence」における1年間のデータ。トランプカードの枚数になぞらえて、収益の多い52社を世界中から選出・表彰する。

52社の中で1位に輝いたのは、数多くのゲームアプリを手がける中国のテンセント。その後には、同じく中国のパブリッシャーであるネットイースが続く。同社の「荒野行動」は、日本でも高い人気を誇っている。

3位は、「Gardenscapes」などのパズルゲームで知られるアイルランドのPlayrix。同社は昨年の7位から大きく順位を上げた。

52社における日本企業のトップはバンダイナムコ(6位)で、3年連続で日本企業トップを獲得する結果に。そして、ソニー(10位)、スクウェア・エニックス(13位)が続く。日本からは、合計10社がランクインを果たした。

中国企業の勢いが止まらない

今回は、中国企業の躍進が目立つ結果となった。中国企業のランクインは合計15社となり、前回の11社から数を増やしている。

そのほか、「Toon Blast」などのカジュアルゲームが好調な米国のZyngaは、大幅にランクアップ(前回の11位から5位に)。

なお、52社のほとんどがゲーム事業を行うパブリッシャーとなっており、この傾向は2016年から5年間変わっていないとのことだ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報