海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 「美術倉庫」のbetween the arts、ArtTech事業を促進へ

Tech

「美術倉庫」のbetween the arts、ArtTech事業を促進へ

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
株式会社between the artsは、2020年7月にリリースしたアート管理サービス「between the arts」を、アート管理サブスクリプションサービス「美術倉庫」へと名称を変更。アート作品の保管にとどまらず、テクノロジーを活用したアート作品の管理全般を担うサブスクリプションサービスへと機能拡充を図った。

保管・額装・展示会開催などもサポート

「美術倉庫」は、アートコレクションを写真に撮るだけでオンラインで管理できる無料サービスを展開中。これは、クラウドにアップしたアート作品をアーティスト別・年代別・素材別・国別などにカテゴライズし、コレクターの所蔵数や資産額などを可視化できるというものだ。

また、オフラインでの管理にも対応。自宅で保管できないアート作品を、温度湿度・セキュリティが徹底された環境で月額500から預かってもらえる(300号程度まで)。このようにオフラインで預けているアート作品に関しても購入時期や金額などの情報をオンラインで可視化することが可能。

さらに、コンシェルジュが運搬や作品の撮影やデータ化、額装やインストール、コレクター展の開催などをサポートする体制を構築している。

そんなサービスを展開する同社は、ビジョナル株式会社が運営するBizReach創業者ファンドおよび数社(個人株主含む)を引受先とした合計5500万円の資金調達を実施。BizReach創業者ファンドからは創業期の経営チームの組成などの経営上のメンタリング支援を受け、ArtTech事業を加速していくとのこと。

新サービス「between the arts gallery」

「美術倉庫」の新たなサービスとしてスタートするのが、レンタルアートギャラリー「between the arts gallery」。元麻布に構えたギャラリーにて、「美術倉庫」で管理しているアート作品をキュレーションする企画展やコレクターにクローズアップしたコレクション展を開催していく。

これは、「美術倉庫」を利用するアートコレクターの「保管されている作品を観覧したい」「保管しているだけでなくたくさんの人に見て欲しい」というニーズに応えたサービスのようだ。

「between the arts gallery」のオープニング展示として花をテーマとした「FLOWER展」を開催予定。会期は2021年2月15日~3月14日と3月22日~4月21日の2期で、開館時間は10:00~18:00となる。

PR TIMES(「美術倉庫」)
PR TIMES(レンタルギャラリー)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード

関連記事


WHAT'S NEW

最新情報