海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Marketing クリスマスにインストール数が増加! Adjust社がアプリ使用状況を調査

Marketing

クリスマスにインストール数が増加! Adjust社がアプリ使用状況を調査

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
年末といえば、仕事が休みのなか家族や友人と交流を楽しむ素敵な時間だ。しかし2020年は、新型コロナウイルスの感染者数の増加が止まらず世界各地でロックダウンが導入され、私たちがこれまでに経験したことのないものとなった。

グローバルに展開するAdjust(アジャスト)株式会社は、2020年のクリスマスから年末・年始にかけての、グローバルおよび日本におけるアプリの使用状況を調査した結果を発表。同社によると、この年末、人々はお互いにつながりを持つためにスマートフォンに大きく依存していたことがわかったという。

クリスマスにインストール数が増加

グローバルではクリスマス当日に、SNSアプリのインストール数が12月平均と比較して25%増加。日本では、年末シーズンに人々が普段よりも多くテキストメッセージや通話をしており、大晦日にSNSアプリのインストール数が19%増、セッション数が12%増となったという。


フードと音楽が好調

なかでも、フード系アプリと音楽アプリの傾向は顕著となった。フードレシピアプリの12月24日と25日のグローバルにおけるインストール数は12月平均を61%上回り、セッション数は23%増加。大晦日には、インストール数は43%増、セッション数は17%増という結果に。一方、日本においてはクリスマスにそれほど大きな増加はしなかったが、大晦日のセッション数は24%増となった。

欠かせない存在となったフードデリバリーアプリは、グローバルにおいて12月25日に落ち込みを見せ、インストール数は平均の30%減、セッション数は27%減となった。クリスマスは家で料理を楽しむ家庭が多かったようだ。しかし元日には立ち直り、インストール数は41%増、セッション数は32%増となった。一方、日本においては12月中は大きな変化は見られなかった。

音楽アプリの利用は、グローバルにおいて年末シーズンに増加。12月25日は音楽アプリのインストール数が平均を75%上回り、大晦日にも6%増となった。また、日本においては大晦日にインストール数が23%増加を記録した。

アジャスト社の佐々直紀氏は「2021年は、アプリが生活必需品としてより定着することが予想されますが、一方でパブリッシャー間の競争も激しくなるため、クオリティの高いユーザー獲得やエンゲージメント施策を打ち出せるかどうかが成否を分ける鍵となるでしょう」と述べている。

PR TIMES
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報