海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

PRESENTED BY MashMedia

TECHABLE

Tech 長年、偏頭痛で悩んできた人に。偏頭痛を防ぐウェアラブルヘッドバンド登場

Tech

長年、偏頭痛で悩んできた人に。偏頭痛を防ぐウェアラブルヘッドバンド登場

長年、持病に悩まされてきたという人もいるかもしれない。その中でも偏頭痛は、単なる普通の頭痛とは違い、心身を衰弱させるような痛みが続き、時には吐き気を引き起こすこともある。医師から処方される薬は、その場しのぎの対症療法でし...

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
Cefaly長年、持病に悩まされてきたという人もいるかもしれない。その中でも偏頭痛は、単なる普通の頭痛とは違い、心身を衰弱させるような痛みが続き、時には吐き気を引き起こすこともある。医師から処方される薬は、その場しのぎの対症療法でしかないこともあり、長引く頭痛によって、1日の活動量や能率が低下してしまうことにもつながりかねない。

そこで開発されたのが「Cefaly」というツール。ベルギーに拠点を置くSTX-Med社が手がけた、持ち運び可能なウェアラブルヘッドバンドだ。ISO規格をクリアしており、最近、FDA(アメリカ食品医薬品局)によって認可を受けた。

このヘッドバンドはユーザーの額に装着して用いる。電極が内蔵されていて、特殊なインパルスが発生。経皮的電気刺激(transcutaneous electrical nerve stimulation、TENS)が送られて三叉神経に作用し、これが偏頭痛の発生を妨げるという仕組みだ。

「Cefaly」の使用対象は18歳以上で、1日最大20分間の使用が可能。装着している間、ピリピリした感じやわずかな筋肉の収縮を感じることがあるかもしれない。

最近の研究結果によると、被験者のうち71%の人が効果に満足しており、「Cefaly」を使用することによって、偏頭痛を感じる回数が明らかに減少したというデータがあるという。

「Cefaly」は295ユーロで販売中だが、49ユーロで2ヶ月間のトライアル利用することもできる。まずは自分に合っているのか、試してみるのもよい。わざわざ医師の診察を受ける手間が必要で、一時的に症状を緩和するだけの薬より、ずっとお手軽に長く利用できそうだ。

Cefaly
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報