海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech エバーブルーテクノロジーズ、空飛ぶヨット型ドローン「Type-P」を開発

Tech

エバーブルーテクノロジーズ、空飛ぶヨット型ドローン「Type-P」を開発

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
エバーブルーテクノロジーズ株式会社(以下、エバーブルーテクノロジーズ)は、飛行機能を備えたヨット型ドローン「Type-P」を開発。シンガポールでの実証テストを成功させている。

ユニークなコンセプトの"ハイブリッド"ドローン

「Type-P」は、水上での使用を想定して開発されたドローン。同モデルの特徴は、固定翼機とヨット(帆船)の長所を両立していることだ。

まず、高速な移動を可能とする飛行機能により、ターゲット水域に素早く着水。その後は風力を利用した帆走に切り替え、電力を抑えながら航行する。

これまで、岩礁が多い海域や護岸化されていない河川などにおいては、調査用の測定機器を搭載した小型ボートの持ち込み・航行が困難だった。「Type-P」を用いることで、そのような場所へのアプローチも容易になる。

開発にあたっては、シンガポール国立大学スマートシステム研究所のシニアリサーチフェローである末田航氏が協力。共同研究成果の一部として、国際特許を出願中とのことだ。

マルチな活躍が期待される

今回行われた実証テストの様子は、YouTubeにて公開されている。桟橋から離陸した「Type-P」は、約10分間の飛行後に海面へ着水。収納されていたセールを展開し、風力だけで進んで着岸した。

水深・水質調査や魚群探知といった用途に加え、水難救助などにおける活躍も期待される「Type-P」。エバーブルーテクノロジーズは、本格的な導入に向けてさらなる開発を行うとしている。

自動航行ヨットの開発を手がける同社に関して、Techableでは過去にインタビュー記事を公開した。今後の取り組みにも要注目だ。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報