海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech コンセプトモデルとして発表された車止め型充電スタンド「PLUGO BLOCK」

Tech

コンセプトモデルとして発表された車止め型充電スタンド「PLUGO BLOCK」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
エコでパワフルなイメージのあるEV。政府は「低炭素社会づくり行動計画」などにおいて、EV普及に注力しているところだ。将来的にEVがさらに普及すると、既存駐⾞場のすべての⾞室に新たに充電スタンドが設置される可能性がある。

このような見通しのなか、EVユーザー向けおもてなしサービスを提供する株式会社プラゴが、コンセプトモデルとして、設置環境の視覚ノイズを極限まで減らした⾞⽌め型の充電スタンド「PLUGO BLOCK(プラゴブロック)」を発表した。

デザインを手がけたのは、グッドデザイン賞⾦賞やアジアデザイン賞など国内外の受賞実績を持つ、株式会社セイタロウデザイン代表の山崎晴太郎氏だ。

Webアプリでスマート充電

「PLUGO BLOCK」は、⾞⽌めの⼩さな筐体の中に充電スタンドに必要な機能をすべて格納した製品。設置環境における視覚ノイズをできるだけ排除する設計となっている。

また、充電スタンド本体と予約Webアプリで構成され、アプリに実装されているさまざまな機能がユーザーの利便性向上に一役買いそうだ。例えば、チェックイン・アウトの事前予約、電気充電料金の決済、充電中の残充電時間、サービス提供者側からのメッセージなど。

さらに、「グリーンエネルギー証明」の実装も想定しているという。

「PLUGO BAR」もユニーク

プラゴは、2020年7月に低コストかつスリムボディを実現した充電器「PLUGO BAR(プラゴバー)」を発売している。

「PLUGO BAR」も「PLUGO BLOCK」同様、Webアプリを活用した事前予約が可能。宿泊施設やレジャー施設などにおいて目的地充電が確約されるということは、EVユーザーの充電に関する不安を取り除き、遠方利用のきっかけとなるかもしれない。

また、LEDライトによるON ・OFF演出もポイントだろう。緑や赤に光るスタンドがEVユーザーへの特別感と未来感を演出している。

「PLUGO BAR」は、設置環境に馴染むための方法として、外装材を木目調など各種サイディングから選ぶことが可能。この頃から、同社が設置環境における視覚ノイズの低減に配慮していたことがわかるだろう。

「PLUGO BLOCK」は車止め型ということで、「PLUGO BAR」よりさらに視覚ノイズを低減できそうだ。なお、「PLUGO BLOCK」は2022年中に発売開始予定とのこと。

PR TIMES(1)(2)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報