海外・国内のベンチャー系ニュースサイト | TECHABLE

TECHABLE

Tech 紙のような書き心地の多機能デジタルノート「Supernote A5 X」

Tech

紙のような書き心地の多機能デジタルノート「Supernote A5 X」

SHARE ON

このエントリーをはてなブックマークに追加
10.3インチのE Inkディスプレイを搭載した多機能デジタルノート「Supernote A5 X」が、クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場。紙のような書き心地にこだわった一台だ。

ユニークなフィルム「FeelWrite」を採用

「Supernote A5 X」は、ディスプレイ面に「FeelWrite」と呼ばれる柔らかいフィルムを採用。専用スタイラスペンを使って書く際にこのフィルムがへこみ、本物の紙のような書き心地を実現する。

ペン先0.7mmのスタイラスペンにはセラミック素材が用いられており、ペン先を交換せず半永久的に使用できる。筆圧検知は4,096段階で、ペンの種類やインクの濃さなどを選択可能。

また、書き込むノートのフォーマットも数多く用意されている。8mmけい線や5mmグリッドなど、好みに応じて選べる点が魅力的だ。

2月半ばまでのプロジェクト

「Supernote A5 X」のサイズは178×245×7mmで、重さは375g。メモリ2GB、ストレージ32GBとなっている。

そして、PDFファイルなどの閲覧に対応したドキュメントリーダー機能も搭載。2021年4月に実装予定の機能では、画面を上下に分割し、ファイルを表示した状態でメモを取れるようになるという。

Makuakeにおけるプロジェクトの終了日は2月19日。ドイツの筆記具メーカー「LAMY」とのコラボペンが付属する「LAMYプレミアムセット」の価格が5万4,600円、「ビジネスセット」が5万2,350円、そして「標準セット」が4万4,800円(いずれも「超早割」を適用した場合の税込価格)。

PR TIMES

(文・早川あさひ)
Techableの最新情報をお届けします。
前の記事
次の記事

#関連キーワード


WHAT'S NEW

最新情報